読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶっこみりこちゃん

乙女ゲームのネタバレ感想

2016年乙女ゲーム


今年もたくさん乙女ゲームをプレイしました。
ソシャゲが流行しているなか、今年も各社が乙女ゲームを販売してくれたことに感謝です。

2015年が豊作だったのか人生になりうるゲームが結構あったのに比べて、2016年はあまり新作がヒットしなかったのは残念。
今年楽しかったゲームも移植だったり、前年以前のものをプレイしていたり・・・。
2017年は新作がおもしろい年でありますようにー!

それぞれの乙女ゲームをザクザク振り返りたいです!
感想ブログを書いていたのは、リンクします。書いたからといって特別なゲームというわけではないよ


■I DOLL U
楽しくて終わらせたくなくて2015年からのんびりプレイしていたゲーム。
元旦明るい気持ちになりたくて、姫始めはレオ先輩だった!
癖が強いほかのメンバーをうまくまとめることができるヒロインのアイカくん、悪いところがひとつもない人生のヒロイン。
リライズ(攻略対象+アイカくんのアイドルグループ)なら完全にアイカくん担当です。
攻略対象もみんないいこで、セイヤちゃんのことは誰もが愛しいと思ってしまうはず。私もセイヤちゃんです。
壮大な乙女ゲームが多い中、日常をポップにキュートに描く作品はあまりないので、どんどんこういう作品がうまれてほしい。

 

■戦場の円舞曲
サブキャラの出張りと、文体のくどさと、柿原くんのネットリをすべて60%オフしてくれたら良作だった。。。かもしれない。
「っ、・・・んっ」みたいなヒロインの喘ぎしゃべり方の癖がすごい。
ニケルートはよかった、泣いた。

 

アンジェリークルトゥール

アンジェリークルトゥール - ぶっこみりこちゃん

こんなに寝食を忘れて、夢中になったゲームは久しぶり。
もうほんっと楽しかった!あ、こういうのが本来の乙女ゲームなのかなって思った。
シナリオゲーが多い中、パラあげや好感度調整、ランダム運ゲー
先が見えずに自分の力で物語を切り開いていく、という意味で「攻略する!」という気持ちを思い出した。
今まで作業ゲーはあまりプレイしたくない、と思っていたけど、作業ゲーはこんなにも楽しいんだ!と気づかせてくれた作品。
プレイができる明日が楽しみ、と眠りにつく瞬間が幸せだった。

 

■STORM LOVER 2nd V
ルトゥールで作業ゲーに目覚めた私。
同じく作業ゲーのストラバに挑戦。2010年に無印をプレイしたことはあった、それにこれ普通に恋愛EDを迎えるのは全然苦ではない。
ただ、トロコンしようと思うと大変というレベルではない。事実vitaのトロコン%を見ると、これをトロコンしている人は0.8%だった。
修羅場トロフィーが、80通りの修羅場を見ないといけないんだけど、これを集めるのは本当に本当に本当に苦労した。
攻略しようにも運要素が強かったり、プレイ人口があまりにも少なかったので全く攻略の仕方もわからず何度も発狂した。
でも、これも寝食忘れて夢中になって楽しかった!脳みそからドーパミンがドバドバでた。
突拍子のないご都合が過ぎるEDは無だけど、バカップルモードのぶっ飛び具合は本当に楽しい。スピードワゴンのあまーいコントか?って感じ。
ヒロインのキレキレの返しと頭の回転の早さがクセになります。

 

■剣が君
良作と評判で、好きな人がたくさんいるんだけど、私はいまいちハマりきれなかった作品。
螢ちゃんの乳首が舐めたいという気持ちは強くある。
辰影たまが好きで、螢ちゃん最萌えの私にとって、あの螢ちゃんEDは絶望以外何者でもなかった。ピンポイントでいやがらせか?
良作と評判でも自分がのめりこめなかったり、世間では低評価でも自分の心に残る作品はあるから、プレイしてみないとわからないんだと思った。


■忍び、恋うつつ

忍恋半蔵ネタバレ - Privatter

前座4人衆の時は、あっこのゲームおもんない・・・とか思ったのに我来也さんルートから精神加速した。
ライターちがくないか?
でも結局服部にすっころんだ。そして、初めて乙女ゲームで地雷というものを踏む。基本何でもOK雑食マンの衝撃のED。
剣君と逆で世間ではあまり評価高くないけど、自分にはヒットした作品。
不満もあるけど、とびぬけた最萌えがいればそれだけで心に残るんだと思った。あと、杉田を見直した。

 

■帝国海軍恋慕情

トロンボーン暗号 - Togetterまとめ

帝国ナントカは正気じゃない - Togetterまとめ

トランペット曹長 - Togetterまとめ


安くてぶっちぎりの低評価作品。例によってアンケートで購入させられたもの。
まぁ、確かにやばい。他のクソゲーと呼ばれるものがかすんで見える。ブッチギリでやばい。製品回収した方がいいレベル。
シナリオが面白くないとかをこえて、破たんしている。そもそもシナリオ以前に設定から無理がある。
だけど、そのブッチギリのヤバさがクセになる。正気で作られたゲームではない。エンドロールでかかわったスタッフの多さに白目をむく。
でも、こんなに声をあげて笑った乙女ゲームはない。もちろん恋愛という面では全く評価できない。
ギャグ漫画だと思って、プレイすれば本当に楽しいゲーム。今1000円もしないらしいし、買ってもいいと思います。

 

■百花百狼

月下丸ルートネタバレ感想 - Privatter

蝶次郎ネタバレ感想 - Privatter

少女から女性に(百花百狼半蔵感想) - ぶっこみりこちゃん

悲恋を謳わなくていい(百花百狼 黒雪) - ぶっこみりこちゃん


上半期で1番期待していたゲーム。地獄のD3三部作(帝国、ビ、ヴァンクロ)のせいで買う人が少なかったかわいそうなゲーム。
ひたすらに胸糞で、心が元気な時しかプレイできないけど、心に残るゲームではあった。
何度でもいうけど、服部ルートのシナリオが秀逸。2016年で一番好きなシナリオ。乙女ゲームで最も重要な恋愛過程というのはこういうことだよと思う。
服部ルートのシナリオを書いた人を公開してほしい。年齢差、戦うヒロインの恋愛の見本としてもいいと思う。(べた褒め)
黒雪はキャラメイクはよかったけどいかんせんシナリオがイマイチ。
月下丸ルートは1番胸糞だったけど、エンドだったりぐっとくるイベントが多くてよかった。あとの2人の記憶はない。
勝平さんにろくでもない役をやらすな。

 

■月影の鎖

月影の鎖で大逆転金魚 - Togetterまとめ

榛名望 - Privatter

これまた胸糞ゲー。鉛を飲み込んだ気分でプレイ。
最萌えは望月くんで今までプレイした中でもかなり上位の男の子なんだけど、望月ルート、は望月くんに萌えたのか、冬浦めぐみに萌えたのか、それはわからない。
自己評価が正当で清らかでストイックな男で本当に好きなんだけど、冬浦めぐみが冬浦めぐみだったからこそ、あんなに精神加速したんだと思う。
オトメイトが枠をはみ出さないゲームなのと反対にTAKUYOは製作者の好みをふんだんに詰め込んでいて、予想できないシナリオ、世界観なのが最高に好き。
オトメイトの枠をはみ出さないところもそれはそれで好きだけどね。

 

プリンス・オブ・ストライド

堂園JAPAN - Togetterまとめ

(実況は堂園のことしかかいていない笑)

いまいちよくわからないコンテンツだったので敬遠していたけど(そう思っている乙女ゲーマー、多いと思うのでぜひプレイしてね)
アニメ放映時期だったり、友達がハマっていたのでプレイ。
これが人生を変えることになるなんて・・・!(大げさ)
ただゆるゆると乙女ゲームをプレイする女だったのが、何年かぶりに声優イベントに参加したり、初めて2,5次元舞台を観劇したり、グッズを集めだしたり・・・とオタクスタイル(?)が変わってしまった。
お金はかかるけど、それと引き換えに今までと比べ物にならないほどの幸せも手に入れました♡
奥村楓くんに必死だけど、楓くんがいなかったとしても本当にいいゲームだと思います。
物語の主軸はストライド部としての活動で、スポーツ物の漫画を読むように、熱くなって泣いて、感情が震える。
日常会話のテンポのよさは自分の笑いのツボにバッチリハマったし、合間に挟み込まれる淡い恋がいい。
壮大なラブシーン、命をかけた愛してる、とかはないけど、青春時代のときめきがつまってる。
オレンジに染まった教室の甘酸っぱい一瞬のきらめきが好きな人にはささると思います。
それと、エンディングに入るときのムービー演出は、今までプレイした乙女ゲームで文句なし、ひいき目なしの1番。
ゲーム発売時にやらなかったことを後悔もしたけど、ゲームやノベルだけでは脳内補完しにくい試合シーンをアニメの動きで見れたからこそハマれたかもしれないしね!
特別な人生の作品。


ダンスウィズデビルス
そういや共通ルートで積んでる

 

■ニルアドミラリの天秤

相反するひと(ニルアド翡翠感想) - ぶっこみりこちゃん

少年の初恋(ニルアド鵜飼) - ぶっこみりこちゃん

難攻不落の姫、ツグが仕事しないでセックスに溺れること以外は好き。ツグが弟のことを一瞬で忘れてしまったからツグだめだった(序盤)
もう少し恋愛過程をきちんと書いてくれたらなあ。私がツグを好きになれなかったから、攻略キャラがツグを好きになるのがわからなかっただけかな。
全体的にはうーんというところが多いけど、特別なイベントが多くて心に残っているのも事実。
鵜飼ちゃまの告白シーンは好きな告白シーンの上位にランクインするし、鴻上の相合傘や映画館のシーンは本当によかった。
鵜飼ちゃま、ダイスキ。ただ、隠しルートはいらなかったね。

 

■ピリオドキューブ

男の趣味がまた悪くなった(ピリキュー感想) - ぶっこみりこちゃん

シナリオは最後の終わらせ方が強引だったり、すべてが100%納得できて、よかったか?と言われるとそうでもないのに自分の中ではすごく好きなゲーム!キャラがそれぞれ本当に魅力的で、ピリオドキューブの世界観にハマっていった。
ヨーイラに必死なので、ヨークスが攻略できるようになってしまったらオトメイトゲー不買運動しますね。
ストレスフリーなうえ、メリバはヒロインが病むのでかなり好きなヒロインです。

 

■源氏恋絵巻
ロゼの遺作。下野君とカイト石川いるし、とりあえずやっておくかという軽い気持ちで購入。期待ゼロ。
しかし・・・これがなかなかイイ・・・!!!!!
なんちゃって平安が過ぎて(どう考えても平成のノリ)雅らしさはゼロなので、本格平安ものを期待したらだめだけど、
なんちゃって平安ドタバタラブコメディ(ただしギャグは寒い)のノリが許せるひと、声優オタクは買ったらいいと思う。
AOIshowちゃんの低音はほんまにおもろい。わろてまう。でも、ある意味聞く価値はある。
どのルートにも基本セックスがあって、全年齢のエロ絶対許さないマンのくせにこれは許せる。
どころか、はちゃめちゃに萌える!!!!!!ほんとにドキドキする。
乙女ゲームというより、夢女の思考に近くなる。なかなかこんな体験することはないので、逢坂くんはじめ中の人オタクなら買ってみてはどうでしょうか。

 

■鏡界の白雪

大聖母赤噛未白(鏡界の白雪感想) - ぶっこみりこちゃん

1年を振り返るとなかなか出来のいい新作ゲーだったと思う。
人数が多くて、ダレてしまったところは正直あるけど、シナリオもよかった。
乙女ゲームにありがちなイベントではなく、結構リアリティのあるシチュエーションでライターはリア充
ヒロインの友人はいらない派だけど、あたるも◎。もちろんヒロインの未白たんが最高。
発売前公開スチルでクソエロだと予想されていたけど、本当に全うで純粋な恋愛だった。
みんな心のなかは清くて、もろくて、それを全部包み込む大天使未白による最強のカウンセリングゲー。
よりちゃんみたいな人に落ちる日がくるだなんて全く予想していなかったよ・・・!

 

喧嘩番長乙女

吉良麟太郎が理解できない(喧嘩番長乙女キラリン感想) - ぶっこみりこちゃん

明るいポップでキュートなゲームは最高なんだ・・・!
物理的につよいヒロイン最高。ヒロインの説教嫌いマンだから、拳で男を納得させるひなこを好きにならないわけがない。
モブヤンキーとずっとわちゃわちゃする日常が見たいから、アニメたのしみだね。きらりんルートやめてね。トトマルでお願い。

 

■MARGINAL #4
今更ながらのまじふぉ。なめてた。リジェだしクソエロでどうせ仕事しないヒロインでしょとかなめてた。
今まで見てきた中で一番仕事をしていた。恋愛EDとアイドルEDがあるのがよい。ふたつのエンドがあることで、ヒロインがあくまでマネージャーの立ち位置にいるのが際立った。彼女は恋愛をしたいわけではなく、本当に彼らをアイドルとして成功させたいんだって。
そしてクソエロのかけらもない純愛。
まさかラグポ落ちになるとは思わなかった。シャイたまにまじ惚れしたせいで、それ以外の人を攻略できないし、シャイたまのアイドルEDを見たくない。アイドルじゃなくて私の彼氏になってほしいんだもん・・・。

 

■セブンスカーレット

セブンスカーレットの男たちはみんな形のいい唇をしている - ぶっこみりこちゃん

雰囲気のつくりかたは好き。続きはすごく気になった。
幼馴染好きの私、怒り心頭。恋愛過程すっとばしもいいところ。隠しルートなんやねん。
それなりに楽しくてミステリもの好きだなと思ったけど、セブスカやるなら面白いミステリ小説を読めばいいね。

 

■魔性眼鏡

魔性な眼鏡をかけたはなし - ぶっこみりこちゃん

全年齢恋愛ものとしてはよかった。衝撃作をはき違えている。
設定を生かしきれてない。もったいない。オウジは時間がなかったから非攻略対象になったんですかね(怒)
シードルたまは最高。

 

■鳥籠のマリアージュ
魔性眼鏡から突然R18を連続でプレイした。
おにいちゃん最高。あと腹上死とOPにゲラッゲラわらた。プレイしてよかったゲーム。

 

■トリックオアアリス

すごい今更ながらのゲームを引っ張り出した。安定のひよゲーだし、好みの絵、キャラ設定、世界観のはずなのにイマイチはまれなかった。なんでだろう。良平くんの株をあげたゲームだね。

 

■カラーマリス
人生。生きてるって感じがした。面白いゲームがプレイできてうれしかった。
ただ、そんな好きなゲームなのに最萌え不在なのが本当につらい。
相田学はグッズ選抜にも選ばれない。どうして・・・。。。カラマリのグッズがかわいいたびにブロークンハートです。
相田学のグッズも作ってください。相田学が好きすぎて、最萌え恋補の笹塚が最萌えから落ちたのもつらい。
市香くんと、白石エンドがすき。FD作られたら落ち込むからやめてね。あの終わり方だからよかったんだよ。

 

■逢魔が刻

地の文がくどすぎる。ヒロインの好感度ゼロ。すべてが無。
TLのプレイヤー全員あわせてもコンプできない、ほんとにおもしろくないゲーム。無。ビリーバー以下。

 

■ヴァンウルフクロス

D3地獄の三部作のひとつだからね。
話題にならないけど、これもやばい。人を殺しておいて、その話題が出ても知らんぷりするサイコパス感あったり、
お薬の時間ですよ、という感じで自分の手首をスパスパ切って血を飲ませたり、
オムライスは食べれるけど、野菜は嫌いという男に(野菜は嫌いなのに、トマトは食べれる!?まさかこの人ヴァンパイア!?とめちゃくちゃな因縁をつけたりする。でもそれが結構おもろい。まだトロコンしてないからまたやるね。

 

■悠久のティアブレイド

悠久のティアブレイドが好きならカヌチも好きだと思いますよ - ぶっこみりこちゃん

いろいろ惜しい。TRAGICEDに出会えたから、それでいいかな。ほんと惜しい。
設定とかはよかったんだけど・・・リメイクしよう!詳しくは感想ブログで(適当)

 

■ブラッキッシュハウスsideA

Masked tweet by円感想 @actizsm | fusetter

円に落ちたかった。
円ルートは恋愛過程とか結構好きなのに、あの設定のせいで萎えた。あと華純がのっとった。もちろん華純最萌え。
ネタバレになるからいえないけど、私はあの華純がすきで、この華純が好きなわけでないから声を大にして好きといえないのもつらい。
宇賀神と姫埼の間に雛が入り込む隙なし。GOのシナリオが一番すき。sideZが本命なの発売たのしみ。

 

■灰鷹のサイケデリカ

黒蝶が人生の私にとって、黒蝶ファンとして満足、ではある。ただ黒蝶をこえてほしかったし、黒蝶好きじゃないと不満が残るのではないかなと思ったりする。
序盤のクソめんどいシステム、立ち絵動き回るのはすごいけどそのせいで動作モッサリ、一本道のせいでヒロインがビッチにみえる、個人ルートがほぼないから一瞬で終わってしまうなどなど・・・。
でも独特の世界観や、オトメイトのゲームとは思えない冒険の仕方とか、型にはまらないシナリオ構成とか、そういうのはサイケデリカスタッフならでは、と思うので次回作も同じスタッフでやってほしい・・・!これからもついていくので!

 

■サイキックエモーションムー

悪いところはなかったよね、ただいいところもなかったね。
まさに無。
ポップでキュートなラブコメ期待してたんだけどな。

 

■数乱

倫理観が狂ってるゲーム。攻略対処半分犯罪者やんけ。
キャラブレ、アイデンティティの崩壊、サブキャラのルート乗っ取り。
2のバッドエンドと1ルートはよかったね。
これからも私たちがかんがえた最強の絶対服従数乱digitでたのしんでいきます。

 

■越えざるは紅い花

胸が痛くて、痛くて、死にそうなんだ - ぶっこみりこちゃん

またしても今更ながら。でも、良作は本当に良作なんだ・・・!!
嫌いな相手を愛しく思うまでの心の流れがとてもよかった。詳しくは感想で(適当)

 

■明治東京恋伽

どのルートも同じ流れで、ヒロインが自分の意志で残ることをハッキリ決めないのはうーんという感じだったけど、どのルートも両片思いなのが最高にかわいかった。
気持ちを口には出さないけど、お互いの瞳が好きだと言っていて、身体が先に寄り添ってしまう。
そんなイベントがどのルートもあってドキドキしたし、ウッ乙女ゲーム!!!と思った。

 

■ラブクイズ

おもんないので、しず緒にプレイしてもらいます。

 

 

今月買ったアッポリ、リバソン、スチプリはまだ全然プレイしていないので、また来年!

プリストにドはまりしたり、新作に裏切られ続けてゲーム力落ちたりしたけど、なんだかんだ今年もプレイしてたね。
オツカレイドイヴ!
来年もたくさんの乙女ゲームで恋できますように♡

三原くんが楓くんでよかったプリステ感想

 

プリステありがとうございました!なブログ。

とくにレポとかはないです!!!

自分のよかった!点を書き連ねておくだけです。

私もうほんとに最近記憶力が衰えてるから、忘れたくなくて。

三原楓くんのことは1秒も忘れたくないよ〜!!!

 

私、2.5次元は初めてで、想像が全くつかなかった。

それに正直そんなに2.5次元に好意的だったわけじゃないです。別に嫌いなわけではないけど無関心というかとにかく興味がなかった。

二重ぱっちり!鼻が高い!正統派イケメン!な男の人がタイプじゃないので、ピンとこないというか。

 

だから舞台の発表があったときもふーんって感じだったし(笑)

楓くんに自分のタイプの三原くんがキャスティングされて、2番目にすきな堂園もコルステの八木沢先輩だしブログに感動したし、パルクールも楽しそうだしって行くことに決めたよ。

 

最初は全然期待してなかったんだけど、早い段階からパルクール頑張ってる様子とか、

三原くんの顔がすきだからプリステ関係ないツイートで写真上がるたびに期待値が上がっていったよ〜!

ドキドキのガルスタビジュアル発表、もう楓くんだった!おめめとか肩とか!ただの楓くん。

それは楓くんだけじゃなくて他のキャストも再現度がたかくて、それからヘアメイクさんもかなり頑張って再現してくれているなっていうヘアメイクで。

 

東京公演でキャストのツイートや他の方のレポをみて、期待値てっぺんになってしまってからの当日。

 

期待値てっぺんだったのに、それなのに想像以上だった。

 

原作に忠実なのが、キャストの演技とかスタッフさんの演出で伝わってきた。

パルクールも会場全体を走り回って、私たち観客も風を感じられる演出は大迫力で本当の試合を見ているみたいで手に汗握りしめたよ。

パルクールは想像以上だった!もっとゆっくりなのかと思ったらこんな全速力で走るんだって驚いたし、ギミックも結構本格的だった。どれだけ練習したんだろう、ほんとにすごい。

キャストさんの立ち姿というか姿勢、キャラの立ち絵まんまだし、動作ひとつひとつもそのもの。声質は違っても(違う人間なんだから当たり前)演技は声優さんをリスペクトしていた。

細かいアドリブとか、ツイートとかを取っても原作をしっかり研究してくれてるんだなあというのが伝わってきて本当にありがとうって気持ちしかない。

ありがとうのかわりに好きって言わせて、ってこういう気持ちなんだね( ; _ ; )/~~~

 

贔屓目かもしれないけど、

三原くん、完全に奥村楓くんだった。

声もしゃべり方も、動作全部が楓くんだった。

顔はかわいい系で(私には世界一かっこよく見える)なで肩っぽいのに足は結構筋肉質なのもよかったポイント。

楓くんの可愛く見えて、実は男らしさを三原くんは全部再現してくれてたなあと思う。

はしゃぐところはかわいいけど、試合シーンは真剣で(私にとっては)誰よりもかっこいい。

ライブシーンとか投げキッスとかギャラスタモードの楓くんは完全にプロのアイドルで(またしても私にとっては)誰よりもかっこよくてセクシーだった。

思い描いていた以上の奥村楓くんが目の前にいた!

もうこれも、ありがとうのかわりに好きって言わせて、好き・・・。

 

楓くんが登場するシーン、楓くんしか目に入らなくて、あっここがギャラクシー???わたしと楓くんだけの銀河にいるんだね???って気持ちになった(病気)

 

2時間ずっと楓くんが好きって気持ちが溢れて、でも黙ってないといけないから自分の身体以上の好きが埋め尽くして蒸発した。

こんなに三次元の男にときめいたことがない。

 

楓くんの話しかしてない。

その他いいなって思ったこと

 

・しまあおいくんドチャクソかっこいいし、動作すべてがしまあおいくんだ!!

女なんかどうでもいい!のところかっこよすぎて無理だった。楓くんが登場しないシーンは大体しまあおいくんを見てた。

好きになっちゃうでしょのシーンで、侑くんと奈々ちゃんが喋ってる時に、横で声を出さずに横で三橋がワチャワチャしてたんだけど、そのときのしまあおいくんかわいすぎて無理しかなかった。ありがとうございました。バク宙すごい。

 

・奈々ちゃんまじでかわいいタイプほんとにタイプ。足がムチムチなのも最高。

なにより驚いたのは声。最初、花澤さんが声をあててるのか!?って思ったよ。びっくり。

あとヒース先輩が頭ポンポンしたのめっちゃ萌えた

 

・陸くんの目がキラッキラだった

 

・歩先輩と穂積先輩の動き最高だった

 

・ヒース先輩、ヒース先輩だった。けど、これをいいだすと尊、尊だった。久我先輩、久我先輩だった。と全員言わないといけないから割愛する。

 

・三橋めっちゃ泣く。三橋勝って欲しかった。

 

・西星出てくると楓くんしか目に入らなかったのでまじで西星の記憶がないです、教えてください。

 

・方南2年とばんめーエンド気絶しそうだった。すべてがよかった。

 

・平牧さん、カテコでギャラスタにふってくれてありがとう、ほんとありがとう。

 

・遊馬くんのお誕生日、西星のわちゃわちゃ最高以外なにものでもない。

 

あと、何度も自慢しててそろそろうざいけどけどわたしばんめーエンド回最前で、カテコ楓くんの立ち位置ほんとちょうどわたしの目の前だったので( ; _ ; )/~~~

運を使い果たしたし、まじ運命はじまっちゃったし、ハートに風もふきました( ; _ ; )/~~~

だって楓くんの目の前の席はたった1席しかないんだよ( ; _ ; )/~~~奇跡だねありえないねありがとうもうこんな奇跡ないから許してね( ; _ ; )/~~~

 

カテコも(それ以外もすべて)わたしのなかではわたしと楓くんのギャラクシーだったよ・・・他が見えないわたしの瞳って楓くんしかうつさないのかな、あれ・・・楓くんしか(つд⊂)ゴシゴシ( ; ♡∀♡)楓くん!!すき!!!

 

エピソード2たのしみっ。

キャストや学校は毎回変わるけど、長い公演をいろんな人がどんどんつないでいくのプリストらしくていいなぁ・・・。

 

そしてそして、やっぱり

三原大樹くんが奥村楓くんでよかった!!!!!!!!!!

 

プリステよかった(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

それから奥村楓くんが、プリストが本当に大好き。

プリストに出会えてよかったなぁ(´;ω;`)

胸が痛くて、痛くて、死にそうなんだ

乙女ゲーム力が底辺だったので、今更ながら越えざるは紅い花。

乙女ゲーム力を奪うのは乙女ゲームであり、乙女ゲーム力を与えるのもまた乙女ゲームなのです。

評判のいいゲームはしっかり満足できていいですね。

恋愛過程が丁寧で、乙女ゲームに私が求めてるのこれこれ!これだよ!!!と感動した。

どのルートもいびつな夫婦から本当の夫婦になる心の距離の縮め方がよかった。

相手を想ったり、素直になれなかったり、臆病だったり、使命があったり、理由は様々なんだけど お互い想ってるのに結ばれないのが、もう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜めっちゃよかった!!!!!!!!!!!!!!

恋をしている者同士の独特の空気がプンプン漂ってるのに想いは通じあってないの〜〜〜!!!!!!!!!!

気持ちがすれ違ったままだと男が病んじゃうし、ボタンの掛け間違えがないかドキドキハラハラしたよ!

男たちもヒロインも気高くて強くて、自分の命よりも守るものがあるからこそ、しがらみが多くて 見ていていじらしくて、背中押したくて仕方なかったよ〜!もう早くくっつけよ!!!

まあそれぞれ感想はあるんだけど、ブログに書いておこうと思ったのは 自分的にもっとこうして欲しかったところがあるから!!!

それは全然文句ではなくて・・・越えざる自体に不満なくて大満足なんだけど、満足だからこそ出てくる二次創作みたいなの(?)あるじゃないですか。

それをね、書こうと思ったんです。

あの、妄想なので。読んでも怒らないでね。へへ。

まず、モブレがなかったね。

せっかく女不足で女が狙われてる世界観なのに。

シャル脱走までに男たちの攻略対象あげれなかったら、モブレエンド1 ください。

キモ親父がいいです。

次はスレンルート入る前に子供についていってしまって貴族たちに売られるモブレエンド2。

脱走してルスに帰る途中に軍人モブレエンド3。

とか、どこでもいいんだけど全然モブレ挟めたよね???????????

私、R18は主人公がめちゃくちゃにされてほしいです。

モブレがあるR18乙女教えてください。

次の不満2。

ウルたまとエッチができなかった!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

攻略サイト見てたら、ウルのページあったから正規攻略対象か♡珍しいなこんな美少年♡ってキャッキャしてたら、セックスどころか恋愛ですらないやんけ・・・。

やっぱりR18は体格しっかりした男がウケるんですか。

私は美少年にもイタズラしたいですよ。

下を向くウルたまのお顔が愛らしくて、感じたらこの頬が赤くなるんじゃないか・・・とか、達した時に白い肌が全身ピンクに染まるところが見たかったんだよ〜〜〜!!!

ウル×ナァラというか、とにかくウルのエッチな姿が見たかったので 別にウルたまがそこらの親父にモブレされてもOKです(乙女ゲーではない)

ウル目線で、性の目覚めの瞬間とか見たい。ナァラのこと想って夢精しちゃったウルが見たいんだよ!!!わかる?

ウルにとって妃殿下様は高貴で汚れのない美しい存在なんだけど、トーヤとナァラのおセッセを見て、ウルは性に目覚めてしまうんだよ。

真っ白な妃殿下でいてほしいという気持ちと自分に染めたいと思ってしまう気持ちでぐるぐる思い悩むんだけど、身体は正直なんだよ・・・。

想像で犯してしまっただけで罪の意識に苛まれるウル。「ウルは・・・ウルは・・・妃殿下になんということを・・・ウワァアア!!!!!!」みたいな。

それに気づかずいつも通り微笑むナァラと笑顔に苦しむウル。ナァラがウルに触ると、真っ赤になって「やめてください!」ってキレるの〜〜〜。え〜ん、かわいい。

ウル闇落ちで、ウルが犯してるのにレイプ目で「ウルが妃殿下をめちゃくちゃにしてる・・・ウルが妃殿下をめちゃくちゃに」ってブツブツ呟いているの。ウルが攻めなのに受けみたいな表情。苦しそう。かわいい。

ナァラから押せ押せで「妃殿下!やめっやめてください〜〜〜」ってムキムキするのもいいと思います!

ちょっと長くなってきたし下ネタのオンパレードだからウルの話はまたわたしと酒を飲んだ時にお願いします。

で、3つ目の不満はナラン!

でもこれは不満なのかはわからない、これがベストとも言える・・・。

ナランルートは絶対スレンとエッチしてるのが嫌だった。

ノールとトーヤ派生はきれいなままエッチできるのに〜〜〜!!!

シャル脱走の時に助けたのがナランで、そのルートも見たかった。

ナランルートはナランルートでとてもよかったので、2つ作ってくれてもよかったと思います(ワガママ)

しかしスレンが自ルートよりかっこよかった。そしてスレンとナランの絆がこんなに深いだなんて知らなかった。2人の絆がここまで深いことを知ってからスレン嫉妬エンドを思い出すとそれはそれで震える。最高。

あそこでスレン死んじゃうのズルいよね!?

死なずにそのままだったら、ナランとナァラもっとすんなりくっついたかもしれない。

ある意味邪魔者が消えてくれたとはいえ、2人ともがスレンをお互いと同じくらい大切に想っていたわけだから、スレン消えたからはい、くっつきますか!ってならないもんね。

う〜〜〜〜〜〜〜〜〜もう!もう!ばかばか!運命のばか!って胸がシクシクした。

ナァラがスレンとナランはちがう、って言って勘違いさせたときにちゃんとナランの方が特別って言って欲しかった!!!!スレンは男としてみてないって!

ナァラは強い女だけどもっと素直になってよ、もどかしいよ!すぐこじれちゃうから!

お酒に飲まれてエッチなムードなったときもエッチだけするんじゃなくて(最後まではしなかったけど)自分の気持ちを言って欲しかった!

そんな身体だけ甘えるなんてダメだよ・・・ちゃんと言葉で言わなきゃ・・・。

おれたちの恋愛はここからだ!打ち切りエンドも好きだし、ヒロインへの思いよりも自分の信念を優先して、ストイックで恋愛脳にならない男 大大大大大大大大大大大大大大大大大大大大好きだから、エンドはとてもよかったよ。好きだよ。

でもさ〜〜〜18歳の胸が痛くて、痛くて、死にそうなんだ、のナランを見てると、

18歳のナランに、ナランのことが男性として好きだよ!って言ってあげてほしかったんだよ。

ナランのつらい顔をたくさん見たから、ナァラの言葉にパーッて顔を輝かせるナランがみたかった。

25歳のナランじゃなくて18歳のあの日の傷ついたナランに言ってほしかった。

実はスレンのことは男としては好きじゃなくて、ずっとあなただけって言ってほしかった・・・・・・・けど、25歳の大人なナランはナァラの気持ちを全てわかっててあの余裕なのかな?

それめちゃくちゃかっこいいし、激情のままキスをしてしまう18歳のナランからするととんでもない成長で、全て含めて良いシナリオなんだよ・・・ぐぬぬ

スレン死んだ後にナァラが「こんなときにこういうこと言うと卑怯だけど、ずっとナランが好きだったから奥さんにしてもらえてうれしい」とか言ったら嘘っぽいもんな。

そして魂が気高いナァラは絶対そんなこと言わないもんな。スレンを大切に思うからこそさ〜〜〜。

ナランもナァラも最後まで安いキャラブレをせずに、自分を通したからこそのエンドなんだなあと思うと、これ以外のエンドはありえないと思うね。

ヤキモキしちゃうのも含めて、良いシナリオだったなー!と。

運命の波に巻き込まれずに、普通に2人が穏やかにラブイチャするifの世界も考えちゃうね。

結局不満ないです!めちゃくちゃ楽しかったです!おしまい!

悠久のティアブレイドが好きならカヌチも好きだと思いますよ

 

 

そんなタイトルの記事、1年前にも書いてるカヌチューによるティアブレイド感想。

 

actizsm.hatenablog.com

 

悠久のティアブレイド乙女ゲームじゃない。

TLのティアブレイダーが口を揃えて乙女ゲームじゃないというのだから、乙女ゲームじゃない。

主人公はイヴなのか?それとも過去のイヴなのか?ダブルヒロインなのか?とかいう次元ではない。主人公はシュドであり、アタルヴァであり、カーマインであり、ティアブレイドにまつわる人間たちのドラマを描いたアニメだった。

(アニメにすればよかったのでは・・・と思うが、アニメになったからといって面白いかどうかは不明)

 

まるでコックピットにいるような戦闘シーンは一つ一つが長く、ルートによってパイロットが変わるからスキップができず、まったく同じ展開に飽き飽きしながらボタンを押しているうちに眠気が襲ってくる。目を開けてみるも戦闘エフェクトがチカチカカラフルに輝き、入ってくる光に目を開けていられない。目をつむるとまた眠気が・・・。

仕方なくオートモードにしてボーッとしていると、どんな場面かわからなくなる。

この戦闘シーン(と長い過去話)がルートのほとんどを占めていて、ぼんやりオートモードの合間合間に挟まれる恋愛イベントを見ている私の集中力は完全に切れていた。

ただでさえ恋愛イベントが薄いのに集中力が切れてしまっていたので、恋愛に入り込めていなかった。

戦闘シーン75%削って、恋愛を25%増やしてほしかった。

 

と、不満点はさておき。

 

私がティアブレイドに求めていたのはなんだったのか。そもそも何もあらすじを知らずに購入しているので、プレイしてから求めていたものになるけど、

それはすべてTRAGICEDに詰め込まれているのかもしれない。

 

私の中のティアブレイドのテーマは形にとらわれない愛だと思う。

種族どころか人と無機物を超えて、そして3000年の時も超えて、それでも変わらない愛だと思う。

TRAGICEDは悲劇ではない、人の形をしていなくても、そこに彼女が在る。

まわりから見ると、ゾッとする光景なのかもしれない。

でも本人達は気にならないし、横に大事な人がいるだけでいいと思っている。

変わってしまった姿に対して悲しむことなく今まで通りそばにいるのは、愛しているの言葉なんかよりもよっぽど説得力があった。

 

だからこそ、その対比としてアタルヴァのTRAGICEDは余計色濃く残るし、クレイドルルートが許せない。

 

アタルヴァの場合は彼女がそこにいることは変わらないのに、愛した彼女の精神が消えてしまった。

そこでアタルヴァが取った行動が自分の精神を押し込めて、彼女が求めている彼のふりをするというのが・・・これはアタルヴァの優しさで彼女に対する最大限の愛だと思うと、これ以上は言葉にできないし、これほど残酷なものはない。

名は体を表す、とリグからもらった「アタルヴァ」という名前は彼にとって何よりも宝物だし、記憶に支配されていて屋敷からも出たことがないアタルヴァにとって「アタルヴァ」という名前だけが彼のすべてだったのに。

イヴへの気持ちは、自分ではなくロウの気持ちかもしれない、と苦しんだアタルヴァが自分からロウを名乗るなんて・・・。

 

アタルヴァはどのルートでも一貫して、白イヴを大切に思っているのが伝わってきた。そんな彼が白イヴを無くした中、過去イブに対してどういう気持ちなんだろう。

「アタルヴァ」という大事な名前、リグからの思い、白イヴとの思い出、すべてを押し込めて、ロウと名乗ったのには、どういう思いがあるんだろう。

それは、いなくなってしまった白イヴへの愛なんだとおもう。いなくなってしまった者たちのためにも、と彼が言うように。

ロウではないアタルヴァと、白イヴではない過去イヴ。二人の今後は気になるけど、アタルヴァがロウだよ、と言って物語の幕が下りたのがよかった。

 

ティアブレイドに対して文句はあっても、このエンドを見れたのでお金を出した価値はあるし、数ある乙女ゲームの中でもずっと心に残るエンド。

どれだけ不満があったとしても、心えぐるものがあればそれは特別な作品なのです。

 

そして、ここまで精神ウンタラカンタラ言っていた私の怒りを買ったのがクレイドルルート。

私は彼と握手をしたその日から、彼の精神を愛していたのに・・・。

どうして見た目を2つ用意した??????????????????????????????????????????????????

何か意味があるのならわかるけど、セリフが変わらない(中身は同じな)のに、外見だけ変える意味は?

かっこいい系が好きな人とかわいい系が好きな人への配慮か?

そんなものはいらん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

私はクレイドルが鉄クズだろうが、ハゲデブだろうが、そこに物体がなくても、精神がそこに在ればそれだけでいいんだよ!!!!!!!!!!!!!!!

そりゃ乙女ゲームはイケメンと恋愛したいし、できれば自分の好きな見た目(赤髪ボブ、おかっぱ、フリフリの服を着てスカーフをつけた育ちの良さそうな男)がいいよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

でも、今までのTRAGICEDはなんやったんや!!!!!!!!!!!!!!

ヤジュルが怪物になってしまったイヴをそのまま愛するように、私だってクレイドルがどんな化け物になっても愛したわ・・・・・・・・・・・。

私のクレイドルへの想いを見くびらないでほしい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

どんな姿になっても、握手したときの気持ちそのままクレイドルが好きだよ!!!!!!!!!!!!

別にキスとかしなくてもいい、クレイドルがそこにいるだけで幸せで、恋心に気づくのは何千年後でもいい。

イヴとクレイドルが一緒にいてくれたらそれでいいんだよ・・・。

イケメン2パターン用意されても、別になんの心も動かないよ!!!!!!!!!!

 

私はクレイドルのTRAGICEDがほしかったです。

おじいちゃんみたいに同じことしか繰り返さなくなったクレイドルに3000年間と変わらないまま、毎日の出来事をこの先何千年も話し続けるイヴとか、

壊されてしまったイヴの脳を、必死に何かの機械に移動させるけど失敗してしまって人型を抱きしめようとするけど、腕がないクレイドルはそれすらできないとか(これはただのバッドだな)

お互い壊されてしまって、コンピュータの中に精神だけ取り込むんだけど、二度と触れ合うことができないとか・・・

そういうの・・・・・・・・・・ほしかった・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

ロウルートはプレイしたみんなエッと思うだろうし、散々ツイッターでもワーワー言ったから割愛します。(カヌチのイズサミちゃんとクラトを足して2で割らないルートだね)

私はヤジュルートで、怒り狂ってたとはいえ過去イヴがあっさりロウを見捨てたので、ロウイヴの恋愛描写には何も納得していません。ヒロイン交代はいいけども、過去イヴにとってなぜロウが大切なのか物語で見せてください。お兄様が大事なのは伝わってきたよ。

クレイドルルートも恋愛描写薄かったけど、序盤からクレイドルと白イヴの絆はわかっていたので、そこに対してはあんまり文句ないけど、欲を言えば人型になったから恋愛感情を理解したぞ!みたいなしょうもない理由じゃなくて、ロボットだから恋愛感情という気持ちはシステムに組み込まれていないはずなのに・・・みたいな戸惑いがほしかった(めっちゃ文句あった)

 

戦闘シーン75%削って、恋愛が25%増えていたら・・・・・・・・人生の作品だったのになぁ

 

壮大さとか、過去話とか、ロウがイズサミちゃんとか、過去イヴがカヤナとか、カヌチが好きならティアブレイドやろう・・・・。ティアブレイド好きならカヌチもやってください。

 

ところで私のパソコン、カヌチって打つと「鍛治」って変換されるんですけど・・・・・・・・・これどこのパソコンでもそうなんですか?辞書登録はしていません。

f:id:actizsm:20160919170813j:plain

 

おしまい

 

 

魔性な眼鏡をかけたはなし

18禁含む感想だよ!

 

心をえぐる衝撃作という宣伝文句が気になって購入。死体を愛する男とか獣.姦とか好き。

終わってみると、制作と好みや解釈が違うんだな、と。題材的には結構好きなんだけどね。

 

ハッピーエンドはひたすら物足りない。笑

普通に1回ラブラブエッチしておしまい。せっかくのおいしい設定を生かせてないというか。

衝撃作ということで、バッドに力を入れているのかも・・・と思ったけどこのバッドがなあ、、臓物見せられているだけって感じで。。

グロが好きとか嫌いとか関係なく、あんまり意味がないように思えて。

特にシードルたまバッドの2回目エッチは、グロうんぬんよりもシードルたまのキャラ設定どうなった?て感じがしたので余計しょんぼりしました・・・。

それと、ウジ子が好きで眼鏡女が苦手だったのでバッドはすべて眼鏡女になってしまったこともショックだったよ・・・女の子攻めへの萌えがないのもあるけど。

 

それぞれの感想と同じ題材ならこうしてほしかった・・・ていう私の妄想をツラツラ書いていこうとおもいます!

 

◆シードル

ハッピーエンドはふつうに全年齢萌えとして楽しんだ。

氷の王子様の心を融かしていく王道ラブストーリーなんだけど、二人の感情の変化や恋への運びが丁寧で、他の全年齢と比べてもかなり好きなシナリオ。

死体にしか興味がないので、ウジ子に対しても興味はないんだけど、自分に自信がないウジ子の人間らしい表情にほだされていくのがよくわかった。ビビりでウジウジしたウジ子だからこそシードルも共感してほだされていったのだと思う。

興味がないというよりも、人の心が怖いので、心のない死体が好き、という寂しさが雪にまみれたお城で孤独を際立てていてよかった。

ウジ子を案じて駆け付けた時に流してくれた汗さえも涼しくて冷たかった。

本来の優しさと凍ってしまった感情からくる冷たさと恐怖からの拒絶が織り交ざっていて美しさがあるし、みんな惹かれてしまうのでは????て思いました

死体しか愛せなかったはずなのに、ウジ子が死にそうになったときに恐怖で震えるのとか、王子様のキスで息を吹き返したのがめちゃんこよかった。

シードルは王子様としては歪で、死体が好きだから白雪姫が永遠の眠りについてもキスをしないと冒頭に言っていたのもあり、その伏線がきれいに回収されてすき。

悪と善は表裏一体で、見る立場によってそれは変わるけどウジ子の「もし私が白雪姫だったらシードルさんが善だろうと悪だろうと関係なく恋をしてしまうと思います」というセリフが大好きだし、そのセリフが最後の最後で「王子が恋をした者こそが白雪姫になる。そう思わないか」につながってこれまた大好き!!!

シードル本当によかった~~~!!!

 

シードルBADについては、プライベッターに書いたこちらの通り(

http://privatter.net/p/1721384)なので割愛して私の理想を書く。

 

死体を愛するシードルだけあって、バッドエンドの死,姦が最高だった。彼が全編を通して一番むき出しの感情を見せて、目に見えて興奮していたのが最高だった。中の人の演技も最高だった。

 

ので、それをもっとふんだんにつかってほしかった。よくわからんグロじゃなくてさ!

ハッピーエンドでセックスするときも死体との違いにもっと感動してほしかったし・・・いつもは反応がないのに初めて反応があることへの戸惑いとか、反応はポジティブでもネガティブでもいいんだよ。

反応に喜んだり、逆に気持ち悪いと思ったり、そういうのさ・・・

 

いろんなパターンが見たかったんですよ。

ハッピーエンド派生でラブラブエッチしたあとの死.姦。生きているときにしたからこそ反応がないことにショックを感じるけど、それよりも興奮が勝ってしまうとか・・・。あんなに愛していたはずなのに、生きているときよりも興奮してしまう自分に絶望を感じるシードル。。。最高じゃないか???????(妄想)

あとはモブレ好きだからおとぼけさんに殺されたウジ子VER。

シードルが作中で「魂には興味がない、抜け殻があればそれでいいから、別に生きてるときに何があっても嫌いでもいい」みたいなことを言ってたからおとぼけのお古とかいやだな・・・死ねば全部一緒か・・・思いながらの死.姦とか・・・。

感情は無なんだけど、うっすらウジ子の笑顔が思い出してしまうとか、そういうのを求めてました!

 

◆ピーチ

普通にいいやつだった。普通にいいやつだったから余計シードルのバッドが気持ち悪くなった。あれってピーチのだよね・・・はあ無理。

明るく見せて暗いものを抱えている子も、お迎えエンドも結構好きなんだけど、なぜか刺さらなかったな。

 

バナナ(果物)しゃぶるスチルが2枚もあるのに、普通のセッセスチルがなくて残念。

獣.姦は萌えるけど、スチルがアップ過ぎて人間としているのとかわらなかった。もっと獣の全体像を見せてくれないと萌えない。

 

あと、この国はピーチと動物とジジババしか住んでないのか?

それってつまりピーチ結局チェリーだったの?笑 

色情狂の国っていうのはジジババのことだったのが残念すぎる!!!

もっとポップなエロ(?)をピーチルートには求めてた。

もっと国に住人がいて、みんながエロ狂ってて 町のどこかしらで誰かがいたしているのが当たり前の国で、ウジ子がモブレされまくってほしかった(結局すぐモブレを希望する)

普通にジジババがグロ気持ち悪いだけで獣.姦もたいしたことなかったし、色情狂の楽しさもなかったし、期待してたエロがなくてがしょんぼり。

 

◆童帝

がっついたわんこはかわいかった。

幼児退行もDVも中途半端でよくわからなかったな。。かわいかったんだけど、もっと幼児退行を深堀りしてくれたらよかったな。せっかく子供の国だし、そういう狂気を感じたかった。

 

あと国の子供とエッチなことできると思って興奮したらなぜかオウジと致しててウケた。オウジとセッセしたかったけどせっかくのモブショタチャンスを潰されてショックが大きい・・・。

ショタたちに性的な意味でおもちゃ扱いされるウジ子見たかった。あ、結局まだモブレの話してる・・・。

 

バッドは相変わらず無駄なグロって感じだよね!臓物を画面バーンすれば衝撃作になると思ってないか・・・・?

 

バッドは幼児退行した童帝におもちゃや人形みたいに扱われたりDVされたりするのがよかったな。唐突なオウジとの3Pなんやねんwww

 

----

そもそもこの話って真相とかは特にないんだね。結局おとぎの国とはなんだったのか、オウジとはなんだったのか、眼鏡とはなんだったのか・・・

魔性眼鏡パート2がつくられて、ウジ子じゃなくて新たなオウジの獲物が他のおとぎの国の乱れをなおすってことにしておこう。

新作発表されたから希望は薄いし、私も買うかわかりませんけどね・・・。

 

おしまい。

セブンスカーレットの男たちはみんな形のいい唇をしている

セブンスカーレットの感想です!


全てのエンドを迎えたのが朝の5時だったんだけど外に出たら(ゴミ出し)いつも以上に深く夏の匂いを感じた。

私は景色が浮かんだり、匂いを感じたり、音が聞こえてくるような、自分の五感にグイグイ入り込んでくる作品が好きなのでそういう意味では結構好きかもしれないな。



まず 世界観や題材は百点満点!

元々夏や古いしきたりのある村、事情がありそうな宿泊客や従業員が集まる館とかそういうのが好きだというのもあるけど。

セブスカはいままでの乙女ゲームにはないような試みをしていて、更に夏らしさ、田舎らしさを際立てていたとおもう。

静止画紙芝居の乙女ゲームに映像をうまく取り入れていた。揺れる光、流れる景色、落ちる水。背景を工夫するだけでこんなに景色が輝くのか〜!!って乙女ゲームしかしない人間としては純粋に感動しました。


お話の構成もとても面白かった。

1人クリアするごとに少しずつ謎に近づいていったり、伏線があちこちに散りばめられていて回収が気持ちよかった。

早く真相にたどり着きたくて夢中でページを送ったよ!



っていう褒めるべきところは褒めて・・・

私ここまではめちゃめちゃ好きなんですよ!

夏の作品も、どんどん解いていく謎も!!!

だけど、乙女ゲームとしてどうなのか(笑)

という話ですよ


まずとても短い。

ルートは2時間もかからない。

短いのはよいんだけど、基本的にどこで恋愛始まってるのかわからない!!

某ルートは、1日看病しただけで30分くらいで抱き合ってた!!!

ん??どこで愛を確かめ合ったのかな??

愛してるってまじかよ・・・


まあまあまあまあまあ・・・恋愛過程が薄いのはよくあることです。


でもどいつもこいつも幼き頃のイチコに出会ってて、その時からイチコが好きなんだよなぁ〜〜〜〜〜。

そりゃどこで恋愛始まってるかわからないよね!!!プレイヤーが知らんとこでもう恋心始まってたもんね、みんな初恋を10年いじくりまわして永遠をイチコに誓ってるすげ〜〜〜〜!!!!!

純度100%の童貞!ありがとう!!!

でも6人中5人それはしんどいかな!!!


好感度マックスから始まる恋愛については賛否両論あると思うんだよ。

幼馴染がダメって人は、プレイヤーに身が覚えがないところで恋愛してるっていうのが苦手なんだと思う。

私は幼馴染萌え属性だし、別に昔からヒロインのことを好きでもいいとは思うんだよね。


でもわたし、乙女ゲームに何を求めてるかというとキャラ萌えだとかイケメンに愛を囁かれたいとかキススチルが見たいとか、そういうんじゃなくてゲーム内での恋愛過程なんです。


別に過去に運命的な出会いをしててその頃から好きでもいい。

でも恋愛するのは、今この瞬間なんだよ。

お互い子供の頃とは違うわけで、記憶とのギャップを感じることもあるだろうよ。

懐かしい仕草にドキッとしたり、初めて見る顔に戸惑いを感じる。それから変わらぬ愛を確信してもいいし、また新しく恋をスタートしたりするもんじゃないんですか。

今の感情の動きを見たいんですよ、わたしは!!!

それを子供の頃から好きだった、運命なんだ、初恋だ、って言葉だけで片付けるのはあまりにも適当なんじゃないですかね?


デフォ惚れの幼馴染はゲーム内で感情の変化はないかもしれない。(セブスカでいうとヒノと兄)

蓄積された感情なわけで、ずっとそばにいるんだから感情が変化しないのは仕方ない。


でもヒロインの感情は変化するでしょ?

だって、幼馴染→ヒロイン の状態からラブエンド迎えるためにはヒロインが変わらないといけないんだから。

Twitterでもかいたんだけど、

ヒロインがどうやって幼馴染への気持ちが恋に変化していくかっていうのはすごく大事だと思うんだよね。

長年大事に育ててくれてた愛情に触れたときの戸惑いとじんわりあったかくなるきもち。初めて男だと意識したときのドキドキ。蓄積された愛情に気づいた時のじんわりしたあたたかさ!

それが幼馴染シナリオの醍醐味・・・だと思ってるんだけど


イチコは幼馴染と兄に対して、

思えば前からずっと好きだったと思う

きっと一目惚れだった と過去のきもちで片付けてる!!!!


おい!!!!!!!攻略対象どころかヒロインまで、前からずっと好きだった、一目惚れとか言い出したらもうどうしようもないでしょ!このゲームでなにも生まれないでしょ!!!

しかもずっと好きだった(ゲームの中の時間よりも前)て言ってしまったら他の男たちはどうなるんだよ!!!!他の男たちのこと愛してるとか言いながら潜在的にヒノか兄のことも好きなわけですよね!!!???

お願いだから私が見てるところで感情動いてくれ!!!!

って思いました・・・・。


あと乙女ゲームで一目惚れで片付けるのはやめよう。

そりゃ一目惚れは世の中に溢れてるし私もリアルですぐ一目惚れするし実際顔は大事だけどさ!!!でもそれを言ったらもうどうしようもないよね。

一目惚れも過去からずっと好きでしたも全部ライターの逃げでしょ〜〜〜〜!!!!!


あっイチコは筋肉と唇フェチなので近づけば恋に落ちます。


と文句をいいましたが、真相2つのうちの1つはとてもよかったです。

ちなみによくない方の1つは兄ルートなんだけど、どこにも感情が追いつかないまま真顔で終わったよ。

兄、専用ルートまで全然登場しないし、イチコ兄のこと心配じゃなさそうだった(そもそもヒノが連れてきてくれなかったらイチコ来なかったし、ヒノが行こうって言っても最初怖いからヤダとか言ったので 全然兄どうでもいいやん)のに、兄目線の過去の話が終わったかと思えばお兄ちゃんがいない世界なんていらないって熱烈チューし始めるし、前からずっとお兄ちゃんが好きだった、て言われたから今までのルートの恋愛たち全部死んだね!!!解散!!!!!!!!


よかった方の真相は、謎解きが楽しい。

館の従業員、宿泊客という役者が勢揃いしてお互いに犯人じゃないか?と推理しあう。人狼ゲーム。

不穏でピリピリした空気のなか、少しずつ謎が判明していくんだけど、間の取り方がめちゃめちゃうまい。

ゲームだから自分のペースで○ボタンを押せるんだけど、次のセリフで謎が解明されるか?!っていいところでボタンを押すと、みんなで喋ってる場面で一瞬場面が切り替わって ヤキモキさせられる。(うまく説明出来ないけど例えば「犯人は・・・」って台詞の後にドキドキして○ボタンを押すと、館全体の風景が一瞬うつって「○○の言葉に皆が息を止めた」っていう状況説明が入って、もう犯人だれやねん〜〜〜!!!!ハァハァ興奮する!!!ってなります)(伝わってくれ)


グッドエンドかと言われると、手放しにしあわせといえない切ないエンドでとてもわたしは好みでした。

だけど、別にイチゴの存在いらないかな(笑)

そのルートは、真トアルートなんだけども

トア×マネージャー、トア×ユア の方がよっぽど説得力があるし、絆も深いし、ヒロイン必要かな・・・って思いました、えへへ。

別にイチコ嫌いじゃないけど(好きでもないけど)恋愛過程が弱いものでね・・・


ということで全体まとめるとやっぱり乙女ゲームとしてどうなのか、ってなります。

でも謎解き真相ルート楽しかったしドキハラしたから買ってよかったね!!!って思った・・・んだけど・・・だったら本格謎解きゲームしたり、ミステリー小説読めばいいんじゃないかって気づいたわたしは・・・・・・・・・・。


そういえばこないだ今更なんだけど有名どころの十角館の殺人を読んだんですよ。無人島にある館に集まった男女が次々に殺されていくミステリ。真相の一行を読んだ時に身体が震えてウワーッて感動したもんな。


だから私やっぱりセブスカやるなら、3時間程度で読破できるミステリー小説を読んだ方がいいかなって思いました(結論)

吉良麟太郎が理解できない(喧嘩番長乙女キラリン感想)

吉良麟太郎が理解できない。

吉良麟太郎ことキラリンについて考えるとモヤモヤモゾモゾするので気持ちを吐き出したいとおもう。


キラリンは無口で割と真面目で(でも頭は悪そう)見た目はクーデレキャラ。

過去に少しだけひなこと施設で共に過ごしたことがあるおいしい設定を持つ。

あまり喋らないけど照れるとわかりやすく可愛げがあるし、仲間思いのいいやつ。

よくいるクーデレ幼馴染ポジションかと。まあ実際そういうキャラ設定なんだろうけど・・・。


キラリン前にトトマル、コンパルと心が澄み切った男たちと恋愛して心が洗われた。太陽の日差しを浴びてものすごく元気になった。まっすぐな愛とみずみずしい気持ち、青春をもらった。光だった。

キラリンもまっすぐな男ではある。素直である。だけどその真っ直ぐさがどこかおかしい。真っ直ぐで間違ってはないんだけど・・・なんというか、友達と2人で出かけてここらへん詳しいから案内するよ!て自信満々に宣言されたから後をついていくも、エッこの道違くない?地図アプリだと逆なんだけど・・・でももしかして近道かもしれないし、いやでも違うような・・・って心がザワザワする感じ!!!(わかりづらい例え)


トトマルが太陽系まっすぐな瞳を持つお日様の匂いがする童貞、コンパルが正統派ツンデレ意識の高い童貞だとしたら、キラリンは陰湿ネッチョリムッツリ童貞。

過去(幼少期)にたった半年ほど過ごしただけの愛しのあの子に対して執着と粘着がこわい。

初恋をこじらせた童貞はこうなるのか...まあでも愛しのあの子からのメールに一喜一憂していた段階ではかわいいもんだった。

このときから姿も見てないあの子だけを考えてポーッとするのは大丈夫か?と思ったけど、この後大丈夫か?って300回言った。


ひなこが愛しのあの子だとわかった瞬間から

キラリンの暴走、浮かれポンチが止まらない。最後までノンストップキラリン。彼氏面と兄貴面が止まらない。

お前のことなら俺が一番わかるとひなこについてベラベラ喋りまくる...無口が売りだったお前はどうした!?よくしゃべるな!!????6年間誰とも喋らなかったオタクが水を得た魚のように推し声優について語ってるみたいだよ、これキラリンがイケメンで声が細谷だから許されるけど実在する人間ならめっちゃ早口でマシンガントークするアレだよ......。

俺はお前のことならわかるんだ!というけどなんにもわかってない。キラリンが見ているのは長い年月の中で神格化されてしまった幼い頃のひなこなんだよ。

男子校に通うのには事情があるわけで、その事情を受け入れたひなこや、トトパルとダチになって今の環境を大切に思ってるひなこを全く認めずに「俺のかわいいひなこたんが男たちに囲まれているなんて!ダメだ!許せない!」を押し付けてくる。ひなこは現段階で困っているわけでもないのに俺の家に住めばいいとか大丈夫か?

とにかく自分の正義を押し付けてくる。初恋の嫉妬なんてかわいいもんではない。

(恋愛ルートではこのひなこ中毒に関して言及がないのもこわい、友情ルートはあの頃のひなこ依存症からの脱却ルートなのは違いがおもしろくもある・・・けど恋愛エンドのキラリンってあの頃のひなこ病なおってないんじゃないの?コワ!)


この自分の中の正を強制してくるのもザワザワするんだけど、兄としてのキラリンが1番理解できない。

別に求められていないのにひなこには兄を強要してくるのに、実際の弟からは逃げまくる。

マジレスするとなぜ希を登場させたのか?

希はメチャカワだから登場すること自体は全然歓迎なんだけども!

希という存在がなくてクソ父がヤクザとつるんであーだこーだしておしまいにしておけば、特にキラリンに対してまじで理解できない!!!このひとやばい!!!という感情にはならなかったとおもう。


プレイした人、希を助けろよ!!!て何回も突っ込まなかった?わたしだけ?いや突っ込んだよね?

希からSOSが出まくってて、話も聞いてるのに全然心配するそぶりがない!

希がヤクザに働かされてるって話をしても適当にアドバイスするだけで、ひなこが夜道歩くだけでめちゃくちゃ心配するのWHY??????????????????

そのシーンの裏側てヤクザとクソ父によって希の心砕かれまくってるんですけどね??????

キラリンの目にはひなこ以外うつらないのか?

大事なものがなにもみえないのか?正気か?大丈夫か???????????

このシナリオ正気か?希がこんなに傷ついてる裏側を見せられて、夜道歩いてるだけで心配されるイベントにときめくと思うか?キラリンの思考回路を不思議に思うだけだったよ!!!!

本当の弟を全く心配していないのに(弟助けるために勉強してたりはしてるんだけどひなこへの心配の仕方を見ていると全然弟を心配しているようにはおもえない)半年だけ過ごした女の子に対して自分は兄だとこだわるのハッキリ言って異常じゃないか?

希の存在、エピソードによりキラリンの異常性を見せられたかんじ。


病んだキャラとして明確には描かれていないけど実は病んだ・ゾッとする枠としてキラリンは生まれたのだろうか。

クーデレ真面目先輩枠じゃなくて、愛が重い病んだら暗黒一直線枠だった?

希から逃げてひなこの兄に固執するのもわざと描かれている?????

シナリオ大丈夫か?と思ったけど、すべて計算されたシナリオだった???????


わからない、未知だ。こわい。得体が知れない。爽やかな一匹狼先輩風に見せて言動ひとつひとつから恐怖を感じる。この気持ちはなに?心がザワザワする。この男はこわい。

ひなこがどんな場所にいても、ひなこに近づくと幸せになるセンサー(こわい)で探し出してくる。逃げられない。

ヤンデレを大々的にキャッチコピーにする男には惹かれないけど、こうなんかじわじわと内に秘めたやばそうなにおいがするの・・・ウッ・・・


なんなんだこの男は〜〜〜〜〜!!!????!!!!!???

トトマルとコンパルが光で、太陽で、心が健康になるのに、なんでこんな一歩間違えたらモラハラ男になりそうなキラリンが気になる・・・???

もしかしてモラハラのにおいがするのもDV親の影響・・・???親がDVなのもキラリンの今後の未来をあらわしてる?キラリン一歩道を踏み外したら普通にDVしてきそうじゃない・・・?未来仄暗くない?大丈夫か?????????

やだ、わたしは光属性の男たちの明るい日差しの中を歩きたいのに、なんでこんなキラリンが気になるんだよ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!


ねえ、最後のキススチルのキラリン、超イケメンだったね!!!!!!!!!!

未来をみて、顔に騙されては・・・ダメ・・・(ここで日記は途絶えている)