ぶっこみりこちゃん

乙女ゲームのネタバレ感想

黒蝶のサイケデリカの緋影が好きならカヌチも好きだと思いますよ

カヌチの宣伝ブログじゃないので安心してください。

でも、永遠の空は黒蝶のサイケデリカソングで、飛べなくなった翼は緋影っちソングだよ(断言)
聞いてみてね。
それで、カヌチも気になったらやってみてね。

カヌチの話は、レンドフルールの感想のときに存分に書くとして黒蝶のサイケデリカの緋影っち感想を書きますね。


---------スーパーネタバレタイム------------


緋影っち。

見てください。このメインヒーロー顔。

 

 

5人が幼馴染ということが判明したとき、
なんだよーいつものぶっきらぼうで照れ屋な、でもヒロインのことが大好きなツンデレ幼馴染枠かよー。(でもその枠が好き)
よっ!王道メインヒーロー!!

という印象。

まあその通りなんですよ。
冷たい物言いをするけど、実は優しくて頼りがいがあってみんなのまとめ役で、まじめで厳しいけど、ヒロインのことを守ってくれる。
王道メインヒーローですよ。


それが突然ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア

ずっとこんな顔してた。

 

いや、ストーリー展開めっちゃ面白い。熱い。
鈍感な私は、緋影っちが実は悪い子ちゃんで館の主様なんて全く疑っていなかったのだ。
だってこんなんめっちゃメインヒーローですやん。
私が好きな赤色がテーマな幼馴染ツンデレヒーローですやん。

突然の悪者ですよ。メインヒーローが。(まるでカヌチのクラトが突然カヤナ厨になったときみたい!)


 

萌えより燃えになったというのはさておいて。

緋影っち、くさってもメインヒーローなんですよ。
くさってもメインヒーローなんだけど、そのあと緋影っちスーパー空気タイム。
サブキャラかな)^o^(? って感じくらい空気。

幼馴染の世界に一切入ってこない。
現実エンドもGOODエンドも、ただの悪役で脇役で終わる。悪役としての役目を全うして、倒された後みんながいい雰囲気のときとか出てこない。死んでる。ただの悪役。やばい。

緋影っちルートが終わったあと、救いを求めて大団円エンド向かったけど、ついに緋影っちは出てこなかった。
緋影っちとの甘いLOVEを求めて、シナリオ回収しようと思ったけど、シナリオ100%埋まっていた・・・。
ショートストーリーも何もかも全部100%。コンプした喜びはなかった。


~脇役~


まぁそんなメインヒーローうんぬんはどうでもいいんです。
気を取り直して、緋影っちに対する思いを話していきたいと思います。


緋影っちのことをクズって思う人もいるかもしれないけど、ただかわいそうな人なんだよ。

だって狭間にくると記憶がなくなって、執着だけが残るでしょう。
紋白ちゃんみたいに希望の執着だったらいいよ。カギハだって執着だけど、それでも愛の執着。
緋影っちは、恨みと絶望だけが記憶として残っているんだよ。記憶もないのに苦痛だけ残っている・・・。

全然ゲスくはないと思うんだよ。
確かにいけないことをしてしまったと思うけど、本人もよくわかっていないかわいそうな子なんだよ。
真っ暗な長い年月で記憶がなくなったのに、嘘を真実にしないといけないと生前から思っていたから万華鏡への執着だけ残っている。
本当の目的も思い出せなくて、破壊だけが目的になってしまった。

本当は白い蝶を追いかけたかっただけなのにね。会いたかっただけなのにね。

緋影っちルートの好きなところは、紅百合ちゃんが片思いなところです。
片思いがやっぱり好きなんで、カラスバくんが最萌えじゃなかったのはそこかなと思うんだよ。

緋影っちは本当はすごく優しい子なんだと思う。こんな言い方をするとありきたりだけどね。
紅百合の言うとおり、女の子には優しくするべきというのが根底にあるし、
生きていたころから、こういうしゃべり方を妹にしていたんだろうなというのが容易にわかるよね。
緋影っちの優しく諭すようなしゃべり方、ほんとすき。
石川ボイスも本当によかった。
紅百合やみんなへの態度は絶対嘘だけではなかったよ。


それにしてもルート終盤は胸糞すぎませんか。
緋影っち、また妹を殺すことになって、しかもその瞬間に記憶がよみがえって、なんの拷問かと。
緋影っちに対するなんの救いもない。温情ゼロ。救済する気がない。
僕が、また殺してしまった!!! て震えながら泣いている緋影っちを見て、鬼かと。制作者は緋影に、奈落に落とされたことがあるのかなというくらいの仕打ち。


できれば・・・・・現世で君と会いたかった

 

もしも紅百合ちゃんが、緋影っちの時代にいたら、
もしも緋影にほんの少しでも救いの手があったなら、

と、いろんな「IF」を考えていたよ。

「君といるときだけ、ほんの少しだ、ほんの少しだけ、僕は生きて、呼吸していたと思う」
という緋影っちのセリフが今までの緋影っちの生前・死後合わせて長い年月の苦しみを物語っていると思うし、
緋影っちはもがき苦しみながら、ちょっとの希望を夢見ていたのかなって。

破壊の先に希望も夢見ていたんじゃないかな。
なんかそんなことを考え出すと、最萌えという言葉では片づけられないくらい緋影が好きになってしまったよ!!

 

でね。
そんなときに、近づいてきてほっぺた触られたんですよ。
チューかと思うじゃないですか。

チューじゃなかったです。

まあ別にチューしないのはいいです。

でも、そのあと、目の前で自殺するんですよ、緋影っち。

胸糞とかいうレベルじゃないんですけどね。
制作者は一体何を考えているんですかね(好きです)

乙女ゲームで恋愛ができないにしても、まさか目の前で自殺されるとは思わないよね。
(笑)であらわすしかないよね。予想ななめ上をいくよね(好きです)

ヒロイン、止めに走るから間に合うと思ったよ。まさかの間に合わないからね。

緋影っち、満足そうな顔してる場合じゃないんですが・・・。
どんだけかわいそうな子なんだ、この子は。
最後の最後に、ちょっとくらい幸せになってもいいでしょ。

緋影っちのキャラソン歌詞に
「無理やり奪う口づけだけが 君に触れたわずかな真実」
ってあるんだけど、びっくりするくらい紅百合と緋影っちは触れていないんだよ。

その口づけしたときも、緋影っちは拒絶を示しただけだったし。

でもきっと緋影は死んでまた記憶がなくなっていくときにその口づけを思い出すのかなって。別にその時は感情は拒絶だけで、愛しさとかはなかったんだけど、後から思い出してわずかな接点に温かい気持ちを思い出すのかなとか思うと不憫で哀しくなってくる。好き。

 

緋影と紅百合は心も通わせられていない。

紅百合は恋だと認識しているし、緋影っちにしても初めて少し楽になれる存在だったんだろうけど、
最後まで二人が心を通い合わせることはついになかったんですよ・・・。

 

 

そういえば、緋影っち死んだあとに
紅百合のセリフで「こんなのってひどいよおお・・・・・!」ってのがあって
せっかく世界に入り込んでたのに、涙も引っ込んで、なんだこのセリフって思わず笑った。

まだこのときは、後日談あるやろwwって心の中で余裕かましてた(まだこのとき大団円エンド行ってなくて大団円で緋影っちも報われると思ってた)


そのまま何の報いもなくフルコンプを迎えた私「こんなのってひどいよおおお・・・・・!」


再会することもなく、二人が幸せな描写もなく終了しました。そのまま。大団円は上記のとおり、緋影っちは登場しませんでしたね。


湖で、緋影っぽい子と紅百合ちゃんがすれ違うという、予感だけはあったので
万華鏡が「現世で君と会いたかった」という緋影の願いをかなえてくれたのだと信じますけどね。
信じないとやっていけないので、信じますし妄想の力を最大限活用しようと思います。


ということで恋愛もできず、片思いのまま、いとしの彼は自殺しました。


でもあそこで自殺を選ぶところが緋影っちらしいのかな。
結局報われなかったからこそ、こんなにも緋影っちが愛しいんだろうけどね。


こんなにもむなしくてかわいそうな乙女ゲームのメインヒーローはいないです。
好き。