読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶっこみりこちゃん

乙女ゲームのネタバレ感想

5年ぶりの再会

CLOCK ZEROはきっと人を選ぶゲームなんだろうし、カヌチと同じで深く考えたら負けな部分もあるんだけど、それでも私にとっては人生ゲームです!
世界観や設定がドストライクなうえ、どのキャラも魅力的で愛しくて、どのルートのシナリオも好みで、飛び抜けた最萌えに出会うゲームというのはやっぱり5本くらいしかないと思うので。これは単純にそのゲームの良し悪しじゃなくて、自分の好きだと思うポイントは人それぞれ違って、いかに自分の萌えにカチリとハマるかだと思うからね。
こういう自分の求めているものが埋まるゲームに出会えた時の嬉しさを味わうために人は何本も乙女ゲームをプレイしてしまうのではないでしょうか。

いつものごとく、前置きが長くなりました。
5年前のゲームとはいえ、下記ネタバレありな感想だよ!

・鷹斗
小学生鷹斗の爽やかで眩しくて、でもどこか心に闇を感じるところが好きすぎるので、キングになって胡散臭い塊になった時はスーパーショックだった。
キングに対しては、結構苦手意識もあって、重い・怖い・キモい。みたいな正直すぎるゾッとした感情がモヤモヤとルート中につきまとうんだけど、
でも、なぜかエンド直前では、傷ついた瞳の胡散臭い塊を捨てることができなくなってしまっている。
撫子くんと出会って、初めて生きている気がした鷹斗は、撫子くんを失くしてそのまま時が止まってしまった。その悲痛な想いを聞いていると、私もすっかりキングにほだされてしまっていて、可哀想なキングのそばにいてあげたくなる撫子くんの気持ちがよくわかる。
罪人なのかもしれないけど、やっぱり鷹斗は嫌いになれない。
キングを見捨てることができないので残留が好きなんだけど、それでも爽やかで眩しい鷹斗とそんな鷹斗に気づかないうちに恋に落ちている撫子くんが好きなので帰還も好き。
(CLOCKZEROは結局こんな感じで大体どのルート帰還も残留も選べなくてウゥつらいってなる。

・理一郎
理一郎に決めてました!からの乗り換えが多すぎる可哀想な苦労人。
小学生時代だけ過ごすとりったんの可愛さは抜群だから仕方ない。
でも、私は鷹斗が好きな撫子くんと黙って身を引くりったんが好きです。できれば、りったんには報われてほしくない。特にりっさんには報われてほしくない。ので、帰還エンドは他ルートほど胸が痛くなりませんでした。なんだろうか、この気持ちは。

とはいえ、私は幼なじみが大好き!長年ヒロインにこっそり恋をしていて、ヒロインを誰よりも大事にして静かに恋心を温めている同い年の幼なじみが好きなので、りっさんと撫子くんが心を通わせた瞬間とか、帰還エンドで撫子くんと付き合うことになり一晩眠れなかったりったんとかすごく好き。

でも、理一郎ルートで一番好きなのは、撫子くんが理一郎は自分を見ていないんじゃないかと不安に思うシナリオ。クロックゼロの前にBAWをプレイしていたので、余計ここのシナリオが好きなのかもしれない(BAWにはこういう掘り下げを期待していた)
何度も絶望を繰り返して、目の前の撫子をうつさない瞳のりっさんと、そんなりっさんに今の自分を見てほしいと思う撫子くんが可愛い。好き。

でも最近気づいたけど、私は自己犠牲マンは好きじゃないので。

・円
小学生で一番好きなのは、自分の萌えとか関係なく円かも。
央の前の円の口調が好きすぎるし、家族に対して不安と依存を抱えている円がいじらしすぎる。そんな円がワガママを言ってみたときの家族の反応とか、心のほっこりが止まらなかった。
5年前のプレイした時はそこまで小学生円への気持ちはなかったのに、こんなグラグラきたのは私が20歳前半からアラサーに進化してしまったからでしょうか・・・。

大人円は正直全然タイプじゃないからあんまり心が動かされることはなかった笑
けど、央の前の円はかわいかったね!そして、クロックゼロの子はみんな傷ついた瞳をしているから帰還エンドはきつい。
円って、トラと同じくらい独占欲があって、それと同じくらい自分が一人になることに恐れを感じている子だとおもうんだけど、そこで欲しいって言えないのが円らしいなと思う。

あと後日談もよかった。円の両親が結婚式で喜んでいる姿を見て、私もうれしかった。小学生円に対する感情もそうだけど、私はどの目線で円達を見ているんだ?たぶん第三者として彼らを見ていた。
それと教会でのスチルが美しい。

でも、私は自己犠牲マンはすきじゃないので。

・終夜
帰還エンドが一番ハッピーぽい。
そして、図書館でのキスシーンのスチルが美しすぎる。尊い。
この子もまた愛しくていじらしい。
というか、クロックゼロに愛しくていじらしくない子がいない問題。
終夜は常に優しくて、終夜が悪いわけじゃないのに自分を責めているところとか、シナリオを読むたびに泣けてきてしまう。

終夜のことは好きだけど、そこまで萌えきれない。

円と同じで大人VERにときめいたりしないけど、子供のときはかわいいなぁいじらしいなぁ、君がうれしいと私もうれしいよ、という感情。(誰目線)

 

なぜ萌えないのか考えていたんだけど、彼を思い出してしまうからだ。

f:id:actizsm:20151201003744p:plain

・レイン
私はレインが大好きです。
好きな順番でいくと、とら→なかば→レイン。
レインのこと許せない枠の人も多いとは思うけど、わたしは好きだよ。

今回追加になったなかばルートが自分が公式だったか?と思うほど、妄想が具現化されていたのに比べて追加されたレインエンドは解釈違いの地雷だったのだ・・・・・・・・!
ゼツ・ボウ。

私の好きなレインと撫子くんの関係は、政府にいるうちに、
円ルートで撫子くんが円に心ひかれたように、いつのまにかレインに心を奪われてほしかった。
そんな撫子くんの気持ちを利用して、キングを思い通りに動かすレインと撫子くんが見たかった。
いや、いじわるなレインじゃなくてもいい。
撫子くんの気持ちに気づきながら、自分も少し心を許していても、それでも自分の目的のために撫子くんの気持ちを気づかないふりをして、キングとくっつけるレインが見たかった。
撫子くんが積極的になっても、
「いやー、撫子くんは、キングと付き合ってもらわないと、困るんですよー」とか言ってほしかった。
「残念ながら、ボクは撫子くんの気持ちには、応えられませんよー」とかいつもの口調で言うレインに撫子くんがくってかかってほしかった・・・!

なぜキングルートからの派生なのか。
いや、楓エンドも央ルートの派生だけど、央と恋愛するまえに派生してくれて、楓とのこれからをにおわす感じだったじゃないですか。
レインの場合は、キングとチューして心通わせたあとの派生ですよ?!
そして、その両想いのキングとレインと3人で住むって・・・。
しかも鷹斗→←撫子←レインとか苦痛アンド苦痛。
私は三角関係が好きじゃないうえに、撫子くんの片思いを求めていたのに・・・。
しかもちょっと撫子くん心レインに動いている描写あるし、ぼくの撫子くんはそういうんじゃない。

コレジャナイ、つらい

5年間妄想していたものが、萎えの方であらわれてしまった。

だめだ。レイン→撫子がこんなに地雷だったなんて気づかなった。
しかも、私攻略対象目線のモノローグも好きじゃない。
もうレインエンドは苦手なものが集まりすぎててつらい。
レインが好きだからこそ、公式との解釈違いがつらい。

私のレインエンドの一番の理想は、
片思いしている撫子くんとのらりくらりとかわすレイン。
いつもふざけてかわすレインが一度本気で諭すか、キングを使って撫子を本気で傷つけてほしい。
でも、撫子くんはそれでもへこたれずいつもの撫子節でレインへの思いを伝える。
レインは「困りましたねー。ボク、キングと争う気なかったんですけどねー」
と困った顔をする。もしかしてちょっとレインの心、動いた!?って思うところでエンド。

がよかった。

つらい。


長くなったのでここまで