読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶっこみりこちゃん

乙女ゲームのネタバレ感想

2016年乙女ゲーム


今年もたくさん乙女ゲームをプレイしました。
ソシャゲが流行しているなか、今年も各社が乙女ゲームを販売してくれたことに感謝です。

2015年が豊作だったのか人生になりうるゲームが結構あったのに比べて、2016年はあまり新作がヒットしなかったのは残念。
今年楽しかったゲームも移植だったり、前年以前のものをプレイしていたり・・・。
2017年は新作がおもしろい年でありますようにー!

それぞれの乙女ゲームをザクザク振り返りたいです!
感想ブログを書いていたのは、リンクします。書いたからといって特別なゲームというわけではないよ


■I DOLL U
楽しくて終わらせたくなくて2015年からのんびりプレイしていたゲーム。
元旦明るい気持ちになりたくて、姫始めはレオ先輩だった!
癖が強いほかのメンバーをうまくまとめることができるヒロインのアイカくん、悪いところがひとつもない人生のヒロイン。
リライズ(攻略対象+アイカくんのアイドルグループ)なら完全にアイカくん担当です。
攻略対象もみんないいこで、セイヤちゃんのことは誰もが愛しいと思ってしまうはず。私もセイヤちゃんです。
壮大な乙女ゲームが多い中、日常をポップにキュートに描く作品はあまりないので、どんどんこういう作品がうまれてほしい。

 

■戦場の円舞曲
サブキャラの出張りと、文体のくどさと、柿原くんのネットリをすべて60%オフしてくれたら良作だった。。。かもしれない。
「っ、・・・んっ」みたいなヒロインの喘ぎしゃべり方の癖がすごい。
ニケルートはよかった、泣いた。

 

アンジェリークルトゥール

アンジェリークルトゥール - ぶっこみりこちゃん

こんなに寝食を忘れて、夢中になったゲームは久しぶり。
もうほんっと楽しかった!あ、こういうのが本来の乙女ゲームなのかなって思った。
シナリオゲーが多い中、パラあげや好感度調整、ランダム運ゲー
先が見えずに自分の力で物語を切り開いていく、という意味で「攻略する!」という気持ちを思い出した。
今まで作業ゲーはあまりプレイしたくない、と思っていたけど、作業ゲーはこんなにも楽しいんだ!と気づかせてくれた作品。
プレイができる明日が楽しみ、と眠りにつく瞬間が幸せだった。

 

■STORM LOVER 2nd V
ルトゥールで作業ゲーに目覚めた私。
同じく作業ゲーのストラバに挑戦。2010年に無印をプレイしたことはあった、それにこれ普通に恋愛EDを迎えるのは全然苦ではない。
ただ、トロコンしようと思うと大変というレベルではない。事実vitaのトロコン%を見ると、これをトロコンしている人は0.8%だった。
修羅場トロフィーが、80通りの修羅場を見ないといけないんだけど、これを集めるのは本当に本当に本当に苦労した。
攻略しようにも運要素が強かったり、プレイ人口があまりにも少なかったので全く攻略の仕方もわからず何度も発狂した。
でも、これも寝食忘れて夢中になって楽しかった!脳みそからドーパミンがドバドバでた。
突拍子のないご都合が過ぎるEDは無だけど、バカップルモードのぶっ飛び具合は本当に楽しい。スピードワゴンのあまーいコントか?って感じ。
ヒロインのキレキレの返しと頭の回転の早さがクセになります。

 

■剣が君
良作と評判で、好きな人がたくさんいるんだけど、私はいまいちハマりきれなかった作品。
螢ちゃんの乳首が舐めたいという気持ちは強くある。
辰影たまが好きで、螢ちゃん最萌えの私にとって、あの螢ちゃんEDは絶望以外何者でもなかった。ピンポイントでいやがらせか?
良作と評判でも自分がのめりこめなかったり、世間では低評価でも自分の心に残る作品はあるから、プレイしてみないとわからないんだと思った。


■忍び、恋うつつ

忍恋半蔵ネタバレ - Privatter

前座4人衆の時は、あっこのゲームおもんない・・・とか思ったのに我来也さんルートから精神加速した。
ライターちがくないか?
でも結局服部にすっころんだ。そして、初めて乙女ゲームで地雷というものを踏む。基本何でもOK雑食マンの衝撃のED。
剣君と逆で世間ではあまり評価高くないけど、自分にはヒットした作品。
不満もあるけど、とびぬけた最萌えがいればそれだけで心に残るんだと思った。あと、杉田を見直した。

 

■帝国海軍恋慕情

トロンボーン暗号 - Togetterまとめ

帝国ナントカは正気じゃない - Togetterまとめ

トランペット曹長 - Togetterまとめ


安くてぶっちぎりの低評価作品。例によってアンケートで購入させられたもの。
まぁ、確かにやばい。他のクソゲーと呼ばれるものがかすんで見える。ブッチギリでやばい。製品回収した方がいいレベル。
シナリオが面白くないとかをこえて、破たんしている。そもそもシナリオ以前に設定から無理がある。
だけど、そのブッチギリのヤバさがクセになる。正気で作られたゲームではない。エンドロールでかかわったスタッフの多さに白目をむく。
でも、こんなに声をあげて笑った乙女ゲームはない。もちろん恋愛という面では全く評価できない。
ギャグ漫画だと思って、プレイすれば本当に楽しいゲーム。今1000円もしないらしいし、買ってもいいと思います。

 

■百花百狼

月下丸ルートネタバレ感想 - Privatter

蝶次郎ネタバレ感想 - Privatter

少女から女性に(百花百狼半蔵感想) - ぶっこみりこちゃん

悲恋を謳わなくていい(百花百狼 黒雪) - ぶっこみりこちゃん


上半期で1番期待していたゲーム。地獄のD3三部作(帝国、ビ、ヴァンクロ)のせいで買う人が少なかったかわいそうなゲーム。
ひたすらに胸糞で、心が元気な時しかプレイできないけど、心に残るゲームではあった。
何度でもいうけど、服部ルートのシナリオが秀逸。2016年で一番好きなシナリオ。乙女ゲームで最も重要な恋愛過程というのはこういうことだよと思う。
服部ルートのシナリオを書いた人を公開してほしい。年齢差、戦うヒロインの恋愛の見本としてもいいと思う。(べた褒め)
黒雪はキャラメイクはよかったけどいかんせんシナリオがイマイチ。
月下丸ルートは1番胸糞だったけど、エンドだったりぐっとくるイベントが多くてよかった。あとの2人の記憶はない。
勝平さんにろくでもない役をやらすな。

 

■月影の鎖

月影の鎖で大逆転金魚 - Togetterまとめ

榛名望 - Privatter

これまた胸糞ゲー。鉛を飲み込んだ気分でプレイ。
最萌えは望月くんで今までプレイした中でもかなり上位の男の子なんだけど、望月ルート、は望月くんに萌えたのか、冬浦めぐみに萌えたのか、それはわからない。
自己評価が正当で清らかでストイックな男で本当に好きなんだけど、冬浦めぐみが冬浦めぐみだったからこそ、あんなに精神加速したんだと思う。
オトメイトが枠をはみ出さないゲームなのと反対にTAKUYOは製作者の好みをふんだんに詰め込んでいて、予想できないシナリオ、世界観なのが最高に好き。
オトメイトの枠をはみ出さないところもそれはそれで好きだけどね。

 

プリンス・オブ・ストライド

堂園JAPAN - Togetterまとめ

(実況は堂園のことしかかいていない笑)

いまいちよくわからないコンテンツだったので敬遠していたけど(そう思っている乙女ゲーマー、多いと思うのでぜひプレイしてね)
アニメ放映時期だったり、友達がハマっていたのでプレイ。
これが人生を変えることになるなんて・・・!(大げさ)
ただゆるゆると乙女ゲームをプレイする女だったのが、何年かぶりに声優イベントに参加したり、初めて2,5次元舞台を観劇したり、グッズを集めだしたり・・・とオタクスタイル(?)が変わってしまった。
お金はかかるけど、それと引き換えに今までと比べ物にならないほどの幸せも手に入れました♡
奥村楓くんに必死だけど、楓くんがいなかったとしても本当にいいゲームだと思います。
物語の主軸はストライド部としての活動で、スポーツ物の漫画を読むように、熱くなって泣いて、感情が震える。
日常会話のテンポのよさは自分の笑いのツボにバッチリハマったし、合間に挟み込まれる淡い恋がいい。
壮大なラブシーン、命をかけた愛してる、とかはないけど、青春時代のときめきがつまってる。
オレンジに染まった教室の甘酸っぱい一瞬のきらめきが好きな人にはささると思います。
それと、エンディングに入るときのムービー演出は、今までプレイした乙女ゲームで文句なし、ひいき目なしの1番。
ゲーム発売時にやらなかったことを後悔もしたけど、ゲームやノベルだけでは脳内補完しにくい試合シーンをアニメの動きで見れたからこそハマれたかもしれないしね!
特別な人生の作品。


ダンスウィズデビルス
そういや共通ルートで積んでる

 

■ニルアドミラリの天秤

相反するひと(ニルアド翡翠感想) - ぶっこみりこちゃん

少年の初恋(ニルアド鵜飼) - ぶっこみりこちゃん

難攻不落の姫、ツグが仕事しないでセックスに溺れること以外は好き。ツグが弟のことを一瞬で忘れてしまったからツグだめだった(序盤)
もう少し恋愛過程をきちんと書いてくれたらなあ。私がツグを好きになれなかったから、攻略キャラがツグを好きになるのがわからなかっただけかな。
全体的にはうーんというところが多いけど、特別なイベントが多くて心に残っているのも事実。
鵜飼ちゃまの告白シーンは好きな告白シーンの上位にランクインするし、鴻上の相合傘や映画館のシーンは本当によかった。
鵜飼ちゃま、ダイスキ。ただ、隠しルートはいらなかったね。

 

■ピリオドキューブ

男の趣味がまた悪くなった(ピリキュー感想) - ぶっこみりこちゃん

シナリオは最後の終わらせ方が強引だったり、すべてが100%納得できて、よかったか?と言われるとそうでもないのに自分の中ではすごく好きなゲーム!キャラがそれぞれ本当に魅力的で、ピリオドキューブの世界観にハマっていった。
ヨーイラに必死なので、ヨークスが攻略できるようになってしまったらオトメイトゲー不買運動しますね。
ストレスフリーなうえ、メリバはヒロインが病むのでかなり好きなヒロインです。

 

■源氏恋絵巻
ロゼの遺作。下野君とカイト石川いるし、とりあえずやっておくかという軽い気持ちで購入。期待ゼロ。
しかし・・・これがなかなかイイ・・・!!!!!
なんちゃって平安が過ぎて(どう考えても平成のノリ)雅らしさはゼロなので、本格平安ものを期待したらだめだけど、
なんちゃって平安ドタバタラブコメディ(ただしギャグは寒い)のノリが許せるひと、声優オタクは買ったらいいと思う。
AOIshowちゃんの低音はほんまにおもろい。わろてまう。でも、ある意味聞く価値はある。
どのルートにも基本セックスがあって、全年齢のエロ絶対許さないマンのくせにこれは許せる。
どころか、はちゃめちゃに萌える!!!!!!ほんとにドキドキする。
乙女ゲームというより、夢女の思考に近くなる。なかなかこんな体験することはないので、逢坂くんはじめ中の人オタクなら買ってみてはどうでしょうか。

 

■鏡界の白雪

大聖母赤噛未白(鏡界の白雪感想) - ぶっこみりこちゃん

1年を振り返るとなかなか出来のいい新作ゲーだったと思う。
人数が多くて、ダレてしまったところは正直あるけど、シナリオもよかった。
乙女ゲームにありがちなイベントではなく、結構リアリティのあるシチュエーションでライターはリア充
ヒロインの友人はいらない派だけど、あたるも◎。もちろんヒロインの未白たんが最高。
発売前公開スチルでクソエロだと予想されていたけど、本当に全うで純粋な恋愛だった。
みんな心のなかは清くて、もろくて、それを全部包み込む大天使未白による最強のカウンセリングゲー。
よりちゃんみたいな人に落ちる日がくるだなんて全く予想していなかったよ・・・!

 

喧嘩番長乙女

吉良麟太郎が理解できない(喧嘩番長乙女キラリン感想) - ぶっこみりこちゃん

明るいポップでキュートなゲームは最高なんだ・・・!
物理的につよいヒロイン最高。ヒロインの説教嫌いマンだから、拳で男を納得させるひなこを好きにならないわけがない。
モブヤンキーとずっとわちゃわちゃする日常が見たいから、アニメたのしみだね。きらりんルートやめてね。トトマルでお願い。

 

■MARGINAL #4
今更ながらのまじふぉ。なめてた。リジェだしクソエロでどうせ仕事しないヒロインでしょとかなめてた。
今まで見てきた中で一番仕事をしていた。恋愛EDとアイドルEDがあるのがよい。ふたつのエンドがあることで、ヒロインがあくまでマネージャーの立ち位置にいるのが際立った。彼女は恋愛をしたいわけではなく、本当に彼らをアイドルとして成功させたいんだって。
そしてクソエロのかけらもない純愛。
まさかラグポ落ちになるとは思わなかった。シャイたまにまじ惚れしたせいで、それ以外の人を攻略できないし、シャイたまのアイドルEDを見たくない。アイドルじゃなくて私の彼氏になってほしいんだもん・・・。

 

■セブンスカーレット

セブンスカーレットの男たちはみんな形のいい唇をしている - ぶっこみりこちゃん

雰囲気のつくりかたは好き。続きはすごく気になった。
幼馴染好きの私、怒り心頭。恋愛過程すっとばしもいいところ。隠しルートなんやねん。
それなりに楽しくてミステリもの好きだなと思ったけど、セブスカやるなら面白いミステリ小説を読めばいいね。

 

■魔性眼鏡

魔性な眼鏡をかけたはなし - ぶっこみりこちゃん

全年齢恋愛ものとしてはよかった。衝撃作をはき違えている。
設定を生かしきれてない。もったいない。オウジは時間がなかったから非攻略対象になったんですかね(怒)
シードルたまは最高。

 

■鳥籠のマリアージュ
魔性眼鏡から突然R18を連続でプレイした。
おにいちゃん最高。あと腹上死とOPにゲラッゲラわらた。プレイしてよかったゲーム。

 

■トリックオアアリス

すごい今更ながらのゲームを引っ張り出した。安定のひよゲーだし、好みの絵、キャラ設定、世界観のはずなのにイマイチはまれなかった。なんでだろう。良平くんの株をあげたゲームだね。

 

■カラーマリス
人生。生きてるって感じがした。面白いゲームがプレイできてうれしかった。
ただ、そんな好きなゲームなのに最萌え不在なのが本当につらい。
相田学はグッズ選抜にも選ばれない。どうして・・・。。。カラマリのグッズがかわいいたびにブロークンハートです。
相田学のグッズも作ってください。相田学が好きすぎて、最萌え恋補の笹塚が最萌えから落ちたのもつらい。
市香くんと、白石エンドがすき。FD作られたら落ち込むからやめてね。あの終わり方だからよかったんだよ。

 

■逢魔が刻

地の文がくどすぎる。ヒロインの好感度ゼロ。すべてが無。
TLのプレイヤー全員あわせてもコンプできない、ほんとにおもしろくないゲーム。無。ビリーバー以下。

 

■ヴァンウルフクロス

D3地獄の三部作のひとつだからね。
話題にならないけど、これもやばい。人を殺しておいて、その話題が出ても知らんぷりするサイコパス感あったり、
お薬の時間ですよ、という感じで自分の手首をスパスパ切って血を飲ませたり、
オムライスは食べれるけど、野菜は嫌いという男に(野菜は嫌いなのに、トマトは食べれる!?まさかこの人ヴァンパイア!?とめちゃくちゃな因縁をつけたりする。でもそれが結構おもろい。まだトロコンしてないからまたやるね。

 

■悠久のティアブレイド

悠久のティアブレイドが好きならカヌチも好きだと思いますよ - ぶっこみりこちゃん

いろいろ惜しい。TRAGICEDに出会えたから、それでいいかな。ほんと惜しい。
設定とかはよかったんだけど・・・リメイクしよう!詳しくは感想ブログで(適当)

 

■ブラッキッシュハウスsideA

Masked tweet by円感想 @actizsm | fusetter

円に落ちたかった。
円ルートは恋愛過程とか結構好きなのに、あの設定のせいで萎えた。あと華純がのっとった。もちろん華純最萌え。
ネタバレになるからいえないけど、私はあの華純がすきで、この華純が好きなわけでないから声を大にして好きといえないのもつらい。
宇賀神と姫埼の間に雛が入り込む隙なし。GOのシナリオが一番すき。sideZが本命なの発売たのしみ。

 

■灰鷹のサイケデリカ

黒蝶が人生の私にとって、黒蝶ファンとして満足、ではある。ただ黒蝶をこえてほしかったし、黒蝶好きじゃないと不満が残るのではないかなと思ったりする。
序盤のクソめんどいシステム、立ち絵動き回るのはすごいけどそのせいで動作モッサリ、一本道のせいでヒロインがビッチにみえる、個人ルートがほぼないから一瞬で終わってしまうなどなど・・・。
でも独特の世界観や、オトメイトのゲームとは思えない冒険の仕方とか、型にはまらないシナリオ構成とか、そういうのはサイケデリカスタッフならでは、と思うので次回作も同じスタッフでやってほしい・・・!これからもついていくので!

 

■サイキックエモーションムー

悪いところはなかったよね、ただいいところもなかったね。
まさに無。
ポップでキュートなラブコメ期待してたんだけどな。

 

■数乱

倫理観が狂ってるゲーム。攻略対処半分犯罪者やんけ。
キャラブレ、アイデンティティの崩壊、サブキャラのルート乗っ取り。
2のバッドエンドと1ルートはよかったね。
これからも私たちがかんがえた最強の絶対服従数乱digitでたのしんでいきます。

 

■越えざるは紅い花

胸が痛くて、痛くて、死にそうなんだ - ぶっこみりこちゃん

またしても今更ながら。でも、良作は本当に良作なんだ・・・!!
嫌いな相手を愛しく思うまでの心の流れがとてもよかった。詳しくは感想で(適当)

 

■明治東京恋伽

どのルートも同じ流れで、ヒロインが自分の意志で残ることをハッキリ決めないのはうーんという感じだったけど、どのルートも両片思いなのが最高にかわいかった。
気持ちを口には出さないけど、お互いの瞳が好きだと言っていて、身体が先に寄り添ってしまう。
そんなイベントがどのルートもあってドキドキしたし、ウッ乙女ゲーム!!!と思った。

 

■ラブクイズ

おもんないので、しず緒にプレイしてもらいます。

 

 

今月買ったアッポリ、リバソン、スチプリはまだ全然プレイしていないので、また来年!

プリストにドはまりしたり、新作に裏切られ続けてゲーム力落ちたりしたけど、なんだかんだ今年もプレイしてたね。
オツカレイドイヴ!
来年もたくさんの乙女ゲームで恋できますように♡