ぶっこみりこちゃん

乙女ゲームのネタバレ感想

天獄ストラグルギブアップ(仮)感想

 

ギブアップするかしないか悩んでいるので、今のモヤモヤを消化記事。ギブアップと言ってる通り、私には合わなかったので・・・好きな人は読まないでください、お願いします!!!

今前座3人が終わったので少しネタバレ含みます。

 

ごくすと、下品問題。私も例に漏れず合わない!!!

これがあまりにも合わなくて萌えの波キタキタ!しても即虚無に戻り、また萌えても即虚無の繰り返し。他にも色々思うことはあるんですけどごくすと下品問題について中心に今回はきもちを消化したいと思います。ここでまとめてスッキリして、この問題はもう一区切りつけたでしょ!もうマジレスしない!てなったら続きやりたいよ!

 

さて、下品問題ですが、

みんな一言で表す言葉がみつからないから「下品」と言ってるだけで、うまく一言で表せないモヤモヤと渦巻く不快さがあります。エロや下ネタが苦手だから、という問題でも、男尊女卑が苦手だから、という問題でもないと思う。

下品なだけならいいんだよ。下品という言葉で本来連想するようなコロコロコミックみたいな アホやな〜!てなる下品とはまた別だからね!「胸糞えろ」という言葉のがしっくりきます。

 

エロというかsay被害なんだよね。(漢字で書くのも嫌な単語は英語やカタカナで書かせてください)(見たくない単語をこの作品でたくさんみました)

女性がレイパーとかボウコウとか望まないsayを強いられて悲しい思いをしたり、酷い肉体的ダメージ(ここには書けないくらい、書きたくないほど詳細に描かれている)を受けるなど、笑えないものが本当に多くて。

攻略対象が生きてきた時代的に男尊女卑だったから、とか、女性が虐げられていた時代だったから、という意見もまあわかるんですが、別に攻略対象達は一部の発言を除き普通に優しい奴で女性に酷いことをするわけでもないし、サブキャラやモブキャラの過去なので特別ストーリーに重要なわけでもないのにsay被害内容を細かく描く必要なんてあったんだろうか。

ごくすとの舞台は現代で、今その不安に脅かされているわけでもないし。舞台がその時代で、その環境に置かれながらも絶望の中、希望を見出しながら生きていくストーリーとかなら全然わかるんだけどね。

 

そして、笑えないsay被害を描きながら、同じテンションで下ネタを入れてくることが私にはどうしても理解できなかった。

話題になってる「おかすぞ」も、ライター的には渾身のギャグで、男みんなで声揃えて発言させてわらえる面白いネタだったのかもしれないけど、生々しいsay被害について描かれてる作品で「おかすぞ」って絶対笑えなくないですか?

まあ普通に「おかすぞ」をネタでいれてくること自体無理だけど。生々しいsay被害とギャグの「おかすぞ」混ぜるな危険すぎない!?

 

そういうことが他にもあって。

よなルートでモブキャラがsay被害にあい、そのことに閻魔は心を痛めるんだけど。

その直後、よなと閻魔のラブシーンで感情盛り上がり、よなが「おかすぞ」と言って閻魔も「おかしたいならおかしていいわよ」って言うのありえなくないですか?????????????

言葉が過激なだけで、意味合いは犯罪と恋愛で全然違う!のかもしれないけど、わたしは絶対にそんな発言できないよ・・・! おかされそうになった被害者を見た後でこんなこと言葉に出せないよ!そして、そんな状況下で冗談でも「おかす」という言葉を使う男のことなんて愛せない。

好きな子に触れられてその先にすすみたくなるのも、あなたならいいよっていうのも普通の感情だし、大切な恋心なのに。それをおかすで片付けるの残念すぎませんか。

多分ライター的には序盤の「おかすぞ」から心から愛した人にたいする「おかすぞ」の変化を感じてほしくてそうしたんだろうけど、そんなことで変化を感じ取らせるの最悪だよ!!!!!なった。

 

とにかく色んな言葉が性的な言葉に変換されて嫌だった!いちいちセクハラせないかんのか?て何度も思った。

ひとつひとつのことは小さなことなんだけど、言われるたび不快になって、でもそれを拒否する閻魔が固いなー真面目だなーって男たちに茶化されるから、プレイヤーの私まで自分が笑えないのが悪いのか?て嫌なきもちになりました。

色んなことが下ネタ変換されてて、全部下ネタ絡めな許されないのか?て思った。

次に嫌なことが、下ネタを絡めたいがためのキャラブレを感じること。

話題の「おかすぞ」不快感はもちろんだけど、このこたちほんとにこんなこと言うか?と思った。

写楽や菊の過去の境遇を考えると冗談でもいえないとおもうんだけど。まあこの「おかすぞ」は渾身のギャグでどうしても入れたかっただけだと思うんだけど!だから共通ルートのことを完全に忘れさったらいいんだけどね。菊ルートは実際健全だったし。

でも写楽ルートほんっっっっと苦手だった。写楽のセクハラ発言全部嫌だった。写楽遊郭でひどい目にあってしんだほうがマシなくらいな女たち(この女たちの詳細がまたきつかった)を優しさからころしてあげてた子で、間近でsay的に苦しんだ人たちをみて、自分自身も傷ついていたはずなんだよ。自分の得にならないのにころしてあげるほど情が深い子なのに。そんな写楽がなんでこんな笑えないセクハラを繰り返すのかわけがわかなかった。傷つきすぎて逆に下ネタに走らざるを得ない精神状態なのかなと思ったけど、そんなわけもなく。

別にそういうことがあったけど過去は過去として割り切っててサッパリしてて、それとこれは別!えっちだいす〜き!みたいなキャラならわかるんだけど、そこが煩悶の糸でぐるぐるにしばりつけられてるトラウマなのに。そこをシリアスに扱うならふざけてセクハラ発言してほしくないです。

 

エロに限らずだけどキャラが生きてないことを感じることが多くて本当に残念だった。ああこのイベントを起こすために無理やりキャラが動かされてるなって。そしてイベントだけじゃなくて無理にエロ要素と合わせようとするから、またそこでもキャラブレが起こってた。

ゲームにそのゲームにしかない特徴、設定、雰囲気があると思うんだけど、これが合わない組み合わせすぎるんだよ。

ポップなコメディ下品 、シリアスなsay的トラウマ それぞれ単品だったらいいのかもしれないけど組み合わせが悪すぎる。

あといつものごとく、各ルートノルマセッがあるけどみんな一緒で最後にご褒美セッする。よなは先述したおかすイベントするくらいならもうそこでセッしろ思ったね。

どうせノルマセッするなら、もう血因あげるためにセッしろ設定でもよかったんじゃないですか?ポップとシリアスはわけて。ポップ寄りにするならスキンシップから始まって明るくてちょっとえっちなラブコメ感じでもいいし、シリアスにいくなら男尊女卑の蔓延る世界で男の血因をアップするための道具として消費されるなかで生まれる愛憎とか。

ライターの描きたいものがそれぞれ独立しすぎててキャラとも合ってないし、設定が喧嘩してた。

 

私はこのライターさんのエロの描き方は割とすきだったの。

ニルもオラソワもヒロインを汚すことに徹底している感じで。綺麗で美しい真っ白な女を絶対壊したくないし汚したくないのに自分が侵していく密やかな喜び、そんな男の欲を描くのが上手いなあと思っていた。誰よりも大切にしたいのに繊細に扱いたいのに、心はどうしようもなく熱くて乱暴にしたい、みたいな相反する切なさも感じ取れた。

今回はただ惨いsay被害とセクハラを並べて、とってつけたようなご褒美セッがあるだけで、男たちの感情も見えず本当に残念でした。

 

それとこのライターは感情と身体がバラバラな描き方もうまいとおもっていた。↑で書いたような心ではこう思ってるのに、身体が勝手に行動してしまうみたいな。チグハグだったり衝動で突き動かされてしまう描き方が好きだったんだけど。

今回は序盤から、猛烈に○○が込み上げてきた とか身体が勝手に動いてしまう描写のオンパレードで、ずっとボコポコ感情湧き上がってたから、今までは美しいと思っていた描写がすごくチープになってしまって残念でした。

 

他にも色々あるんだけど、とにかく「下品」にまつわることを中心に吐き出し。

これで消化できて「下品」についてマジレスしなくてもよくなったら、再開したいなあ。出来るかなあ。勝ちたいよお。